経済学科Department of Economics |経済学部

経済学科イメージ

豊かな社会を創造する論理的な思考力や分析力、経済学の専門能力を育成します。

モノやサービスに関わる企業と消費者の行動をはじめ、政府の役割や有効な経済政策のあり方、さらには外国との経済関係など、さまざまな経済活動の背後にあるメカニズムを学ぶ経済学。経済学は世界標準の学問であり、社会で起きている問題を科学的な視点で捉えて説明できる論理的思考力と分析力を身につけることができます。経済学科では社会において強く求められている、経済学の理論と実践力を備えた人材を育成します。

修得可能学位: 学士(経済学)

取得可能な資格

・中学校教諭一種免許状(社会)
・高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
・高等学校教諭一種免許状(公民)
・FP技能士
・宅地建物取引士
・証券アナリスト ほか

目指す進路

・金融機関
・ファイナンシャル・プランナー
・金融アナリスト
・企業の営業・経理・人事部門
・中学校・高等学校教員
・公務員 ほか

経済学科の学びのポイント

1 基礎から発展・応用までをカバーする段階的なカリキュラム

「入門」「基礎」「発展・応用」の3段階で履修ができるカリキュラムを用意。学生はこの流れに沿って自らが専門的に学びたい分野から自由に選択できます。3段階履修は実践的能力を養う分野だけでなく実務的能力を養う分野においても科目選択ができるようになっています。このようなカリキュラムを学修することで無理なく段階的に学ぶことができます。

2 企業のトップを招きビジネスの最先端を学ぶ

「地域特別講義」では、地元企業のトップを招いて、各業界の課題や取り組みなどについて実践的な話を聞くことで、各業界の現状や最先端ビジネスの方向性を学び、地域経済の現状と将来像について考えを深めていきます。こうして産業界の知識と理解を深めれば、将来の就職活動や社会人生活に活かすことができます。

経済学科CLOSE-UP

実業界とのつながりによるリアルな授業

学生たちが「現場で使える知識」を授業で学べるように、実業界で活躍した実績のある教員を多く受け入れています。実体験に基づいた実践的な授業により、専門的な理論が現実の社会でどのように機能しているのかがわかります。また、中国・四国で活躍する企業の経済人を客員教授として招へい。各業界の現状やビジネスの最先端を学ぶことができます。

身につく力

● 分析力
● 論理的思考力
● 企画提案力
● 情報処理力
● 統計処理力
● 英語コミュニケーション力

学生からのメッセージ

西森 春奈さん 経済学科 3年 / 高知県・土佐塾高校出身

経済学が実際の私たちの暮らしにどう活かされているのか知りたいと思い、経済学科を選びました。「入門」「基礎」「発展・応用」と段階を踏んだカリキュラムなので、安心して学ぶことができています。「ファイナンス入門」では、お金に関する基本的な知識が修得でき、これから進路を考えるうえで、とても刺激を受けました。さらに詳しく知りたいと思うようになり、ファイナンシャル・プランナーの資格取得に挑戦中です。今後の学生生活では、インターンシップやボランティア活動などを通じて、たくさんの経験を積み、将来は生まれ育った高知県の地域経済に貢献したいです。

教員からのメッセージ

経済の血液、「お金」の流れについて研究します。

重本 洋一 教授

重本 洋一 教授

担当している学びのテーマは主に「ファイナンス」に関係するもので、簡単にいうと経済のなかでも「お金の流れ」について学んでいく分野です。「お金」は、体に例えると血液のようなものです。経済という体のなかで、お金(=血液)がグルグルと円滑に回っていなければ、経済(=体)は病気になってしまいます。
例えば、会社は銀行や投資家からお金を調達してビジネスを行い、儲けを得たり、損をしたりしています。また、個人は働いてお金を稼ぎ、それを使って生活をしていきます。個人、会社、銀行など経済で活躍するプレーヤーが生き生きと連携できる社会づくりのためにも、大学で経済学を学ぶことは意味があります。高校生の皆さんも経済というフィールドに立つプレーヤーという意識を持ち、勉学に励んでください。

担当科目
○ファイナンス入門
○現代ファイナンス論 ほか

研究テーマ・専攻
○経営者の財務・会計行動と株式市場の関係

興動人Voice -学生の声-