ビジネス情報学科Department for Information Systems in Business |メディアビジネス学部

ビジネス情報学科イメージ

情報をビジネスの課題解決に活かせるスペシャリストを育成します。

インターネットの発展と普及によって、商品の開発・生産・販売、さらには顧客との関係管理など、今や企業の活動のすべてにおいて情報の活用が前提になっています。そのため、ビジネスに情報を活用できる能力を有する人材の必要性が高まっています。情報の多様化、リアルタイム化によって企業を取り巻く環境の変化を逐一把握し、コンピュータを介して、ビジネスでの課題解決に活かすことができるビジネスのスペシャリストを育成します。

修得可能学位: 学士(経営学)

取得可能な資格

・高等学校教諭一種免許状(情報)
・Microsoft Office Specialistエキスパートレベル
・マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)
・ITパスポート
・基本情報技術者
・日商簿記2級 ほか

目指す進路

・金融機関
・電機メーカーや情報システム関連企業
・情報教育インストラクター
・高等学校教員 ほか

ビジネス情報学科の学びのポイント

1 ビジネスと情報が融合する領域で特色ある専門性を高める。

ビジネス情報学科のカリキュラムでは、「ビジネス」や「情報」に係る授業科目が多数用意されています。また、インターネット・マーケティングやデータマイニングなど、その両者が重なる領域の科目も用意されています。これらの科目の設置こそがカリキュラムの特色となっています。本学科では、カリキュラム体系や履修方法の見直しに取り組み、時代に即して専門性を高められるように努めています。

2 ビジネスで情報の知識を活かして、企業活動に貢献する。

ビジネスで戦略を考えたり、物事を決定したりするときに、情報を活用することにより、リスクを軽減し、事業を成功に導く可能性を高めることができます。その情報は、どこに、どのような形で存在するのか、そこから有益な情報を引き出し、企業活動に活かすにはどのような方法があるのか、といった企業活動に貢献できるデータ収集と分析方法について学びます。

ビジネス情報学科トピックス

多様な情報をビジネスに活かす能力の養成

人工知能(AI)に関連する科目を設けています。AIの仕組みについて学ぶとともにAIのビジネスへの活用方法についても学びます。AIの利活用によって企業が行ってきた従来の業務に変革(イノベーション)を引き起こすことができるようになるかもしれません。

身につく力

● 情報技術に関する総合的な技能
● ビジネスニーズと情報技術との融合的な活用と応用力

学生からのメッセージ

山田 恭平 さん ビジネス情報学科 4年 / 島根県・松江商業高校出身

ビジネス情報学科では、プログラミング言語であるVisualBasic、Python、Javaを学ぶことができます。分析する内容や手法は先生によって多彩で、どれを選んでも自身の成長に直結します。私は、「データマイニング論」と「データマイニング演習」の授業を受け、独自のプログラムをPythonで実践しました。これにより、観光情報学会での発表や、企業向けのアプリ作成のために分析結果の情報提供を行うプログラミングなどを経験。将来はこの知識を活かし、海外も見据えて活躍する場を探求したいと思っています。

教員からのメッセージ

蓄積される膨大なデータや情報の活かし方を学べます。

石野 亜耶 准教授

買い物をした時の購入履歴、スマートフォンから取得した位置情報などの膨大なデータ。あるいは、Twitter、Facebookをはじめ、Web上に次々に投稿される情報。私が担当する「データマイニング論」の授業では、これらのビッグデータやSNSによる情報になぜ注目が集まるのかを理解し、ビジネスやサービスでどのように活用されているのかを、具体的事例をあげながら学んでいきます。さらに、「データマイニング演習」の授業ではデータマイニングの基礎的な手法について、プログラミング言語Pythonを使って、実践し、理解を深めます。授業で学んだ技術を使って、将来活躍したいビジネスの現場でどのようなことができるのかを一緒に考えていきましょう。

担当科目
○AIとビジネス
○データマイニング論
○データマイニング演習 ほか

研究テーマ・専攻
○観光情報処理
○レビュー分析
○自然言語処理
○情報検索・情報抽出

興動人Voice -学生の声-