学修の成果に係る評価

評価と点数

成績は、100点満点の60点以上を合格とし、学内定期試験、小テスト、レポートや提出物などの平常点で総合的に評価し、授業が終了するつがい学期末に所定の単位が与えられます。各授業科目の評価方法については、シラバスに記載されていますので参考にしてください。
各授業科目とも一度修得した単位を取り消すことはできません。

成績評価基準

シラバス

GPA(Grade Point Average)

本学で導入しているGPA(Grade Point Average、グレード・ポイント・アベレージ)制度は、5段階で評価された各科目の成績評価に、4点~0点の評点(グレード・ポイント)を付与して、1単位あたりの評定平均値(グレード・ポイント・アベレージ)を算出する制度です。
この評定平均値を、履修制限単位数の特別措置適用基準や奨学金採用基準、就職活動時の推薦基準、また学部との5年プログラム(学科で上位20%以内の者)出願基準などに利用しています。

成績評価に対する評点(グレード・ポイント)

GPA の計算方法