出張模擬授業テーマ一覧

出張模擬授業の各テーマをご参照のうえ、希望する日時・テーマをお申込ください。なお、本学授業や学内行事により、ご希望に添えない場合もございます。

経済学部経済学科 - 現代社会の諸問題を分析し、豊かな社会を作るための技術や知識を学ぶ。

授業テーマ 経済学で考えることとはどういうこと?
講師 新垣 繁秀(あらかき しげひで)
内容 経済学を学ぶとは、経世済民とか、豊かさを考えることと言われます。その通りですが、そのほかに、経済学には私たちが様々な物事を考える際の思考の道具箱としての機能もあります。
この授業では、あまり知られていない、この経済学のもつ思考の道具とはどのような事かについて扱います。
担当科目 ミクロ経済学基礎、マクロ経済学基礎

授業テーマ 経済学と経営学のちがい
講師 新垣 繁秀(あらかき しげひで)
内容 モノやサービスへの価格づけについて、経済学と経営学とでは、その考え方について決定的な違いがあります。この授業では、両者の違いを解説するともに共通する点も併せて解説していきます。
担当科目 ミクロ経済学基礎、マクロ経済学基礎

授業テーマ ゲーム理論で世の中の身近な出来事を理解しよう
講師 重本 洋一(しげもと よういち)
内容 経済学の一分野に「ゲーム理論」という学問があります。この理論によって、経済に関することはもちろんのこと、一見経済とは関係ない世の中の身近な出来事も説明することができます。例えば、日本人はなぜ英語を学ぶのか?パソコンのキーボードの配列はなぜそうなっているのか?なぜ地域によってエスカレーター左右どちらに並ぶかが違うのか?なぜ人気のレストランには行列ができるのか?など「なるほど!」と納得できる説明ができます。授業ではゲーム理論を使って世の中の様々な出来事を楽しく説明していきます。
担当科目 ファイナンス入門、現代ファイナンス論、実践ファイナンスほか

授業テーマ お金の機能と役割
お金ってそもそも何なのか?
講師 重本 洋一(しげもと よういち)
内容 みなさんは「お金」に関してどんなイメージを持っていますか?「何かを買うために必要な物」「働いて給料としてもらう物」など、生活に密着したイメージを持っていると思います。そのイメージは、もちろんその通りなのです。 ただ、「お金」はそんなイメージ以上の様々な社会的役割や機能を果たしています。実は、「お金」という存在がないと私たちの社会全体がうまく回っていきません。授業では、これらの点に関して易しく解説をしていきます。みなさんと対話をしながら楽しく授業を進めていきましょう。
担当科目 ファイナンス入門、現代ファイナンス論、実践ファイナンスほか

授業テーマ デートと授業どちらを選ぶ? —満足度最大化と逸失利益-
講師 竹林 栄治(たけばやし えいじ)
内容 皆さんの日常生活は常に選択に直面しています。例えば皆さんは土曜日にデートと授業が重なったらどちらを選びますか?選ぶポイントとしては、限られた時間とおカネのもとで、自分の満足度が最大になる方を選ぶことや選ぶことで失われる利益を意識することです。この授業では、ゲームや班活動を通じて、日常生活で選択する際の基準を学びます。この授業は全員参加型の授業です。
担当科目 経済史基礎Ⅰ・Ⅱ、ドイツ語Ⅰ・Ⅱ

授業テーマ おカネの誕生物語 —誕生の理由と価値の由来—
講師 竹林 栄治(たけばやし えいじ)
内容 皆さんは日常生活でおカネを使って暮らしています。皆さんの便利な暮らしを支えるおカネがどのような理由で誕生したのか、おカネの価値はどこに由来するのか、その価値がなくなったらどのようなことが起こるのでしょうか?
この授業では、クイズや班活動を通じて、貨幣の誕生の理由とその価値の由来を学びます。この授業は全員参加型の授業です。
担当科目 経済史基礎Ⅰ・Ⅱ、ドイツ語Ⅰ・Ⅱ

授業テーマ 株って何だろう?
株の役割とそのリスクについて考えよう
講師 得津 康義(とくつ やすよし)
内容 株と聞いて何を想像しますか?「お金が儲かりそう」、「リスクがありそう」など、いろいろあると思います。この講義では、株の役割や投資におけるリスクをどのように小さくするかなどを分かりやすく説明します。また株価がどのように決まるかについて、ゲームを通じて体験してもらいます。
担当科目 計量経済学Ⅰ・Ⅱ/経済の基礎数学Ⅰ・Ⅱ/スポーツ統計ほか

授業テーマ 経済学のキホン
選択と経済学
講師 得津 康義(とくつ やすよし)
内容 経済学と聞いてどのようなイメージですか?「難しそう」、「よくわからない」など、いろいろあると思います。この講義では、皆さんが日常行っている選択が経済学のキホンになっていることを分かりやすく説明します。
担当科目 計量経済学Ⅰ・Ⅱ/経済の基礎数学Ⅰ・Ⅱ/スポーツ統計ほか

授業テーマ 得意なことを探すことの意味は?(分業と交換の不思議)
講師 中嶋 則夫(なかしま のりお)
内容 みなさんは、毎日一生懸命勉強していると思います。また、習い事に行ったり、友達とスポーツをして楽しんだりと将来に向けて様々な経験をしています。その中で、将来の仕事を見つける人もいるかもしれません。自分にとって得意なこと、好きなことが見つかれば人生への不安も少なくなるかもしれません。みんながいろいろな仕事をしている意味を数値例を用いて考えていきたいと思います。
担当科目 財政学Ⅰ/公共経済学/実践公共経済学/財政政策論/スポーツ経済論 ほか

授業テーマ みんなの意見をまとめ方(みんなの意見はどっち?)
講師 中嶋 則夫(なかしま のりお)
内容 我々の周りには、 いろいろな意見があります。その中からみんなの意見として、一つに決めなければいけない機会がたくさんあります。たとえば、オリンピックの候補地を決めたり、選挙で市長などの代表を選んだりと数えればきりがありません。多数決による投票が一般的ですが、ほかにもみんなの意見をまとめる方法はあります。それらを知ることは、より良い選択をするために大切です。数値例を用いて、みんなの意見をまとめる方法と特徴を考えていきたいと思います。
担当科目 財政学Ⅰ/公共経済学/実践公共経済学/財政政策論/スポーツ経済論 ほか

授業テーマ 「経済学」入門
講師 野北 晴子(のきた はるこ)
内容 「経済学」と「経営学」はどう違うの?「経済学」を学ぶとお金もうけができる?「経済学」は打ち出の小槌。お金がなくてもあらゆることを可能にします。え、そんなことはないって?いえいえ、天下をとった戦国武将が歴史的に証明してくれます。彼らは「経済学的センス」を持っていたのです。こんな経済学を学ばないのは、人生の損!
担当科目 経済入門、国際経済基礎Ⅱ、国際貿易論、広島地域ものづくり事情、経済政策特論 ほか

授業テーマ 経済学の非合理な世界
講師 一橋 信之(ひとつばし のぶゆき)
内容 経済学は人間の合理性を前提として、そのメカニズムを解明します。しかし、わたしたちはそんなに合理的には行動していません。そうするとどんなことが市場社会に起こるでしょうか。経済学教育に役立ついろいろな事例やゲームを通じて、非合理な社会を体験し、思考力を鍛えてみませんか。
担当科目 経済入門、財政学Ⅱ、租税論、中・四国地域特別講義 ほか

授業テーマ 消費税ってほんとはどんな税?
講師 一橋 信之(ひとつばし のぶゆき)
内容 戦後の日本は所得税中心の社会でした。ところが平成になって消費税が現れ、今では他の税を圧倒するほど中心的な税になりつつあります。皆さんは消費税のことを本当に知っていますか。2019年10月に導入される軽減税率って何でしょうか。消費税の不思議な仕組みを学び、将来どのようになっていくのか皆で議論をしませんか。
担当科目 経済入門、財政学Ⅱ、租税論、中・四国地域特別講義 ほか

授業テーマ 経済・経営(ビジネス)系の大学で学べること-将来選択のための準備とポイント-
講師 平本 賢了(ひらもと けんりょう)
内容 わたしたちの暮らしとつながっている経済・経営(ビジネス)について学びます。自身の企業勤務経験などを含めた身近な事例も取り上げながら、皆さんの経済感覚を高めたいと思います。なお、関心と理解を深めることについては、皆さんと一緒に考えることを通じて、共有してゆきたいと思います。
担当科目 大学入門ゼミ、興動人入門ゼミ、演習Ⅰ・Ⅱ、アセアン経済、国際経済基礎Ⅰ、インドネシア語Ⅰ・Ⅱ、インターンシップⅡ(海外)

授業テーマ 経済を学ぼう
講師 堀江 真由美(ほりえ まゆみ)
内容 需要と供給、市場、価格、リスク等といった言葉は、経済学でも重要となる基本的な用語です。これらの概念を私たちの身近な例を使って、分かり易く解説します。私たちの経済についてわかることや役立つことを楽しく学びながら、「経済感覚」を養っていきましょう。
担当科目 ミクロ経済学、ミクロ経済学基礎Ⅰ、Basic Principles of Economics ほか

授業テーマ 暮らしを支える社会保障
講師 森山 玲子(もりやま れいこ)
内容 少子高齢化が進むなか、社会保障(年金・医療・介護保険等)の重要性が高まっています。社会保障は生活の中に潜む様々なリスクに対応し、日々の暮らしを守っています。経済学において社会保障はどのように位置づけられるのか、私たちの生活にどのように関わっているのか、考えていきましょう。
担当科目 社会保障論Ⅰ・Ⅱ、社会政策論基礎 ほか

授業テーマ お金の役割
講師 森山 玲子(もりやま れいこ)
内容 ふだん私たちは、モノを買うときに何気なく「お金」を使っています。そもそもお金はなぜ誕生したのでしょう?お金にはどのような役割があるのでしょう?身近な例から考えていきます。
担当科目 社会保障論Ⅰ・Ⅱ、社会政策論基礎 ほか

授業テーマ すぐに使える経済学 -経済学のおもしろさに迫る!-
講師 山根 智沙子(やまね ちさこ)
内容 わたしたち人間は、しばしばつかの間の衝動によって、長期目標からはずれてしまうことがあります。例えば、「試験に合格するぞ!」と意気込んでいたのに、勉強をせずスマホでゲームをしてしまった…。「ダイエットをするぞ!」と心に誓ったはずなのに、目の前にあるお菓子を食べてしまった…。いったいなぜ?この「なぜ?」に経済学は答えを与えてくれます。経済学とはどのような学問なのかを一緒に楽しく学びましょう。
担当科目 マクロ経済学基礎 景気循環論

出張模擬授業 申込フォームはこちら

経営学部経営学科 - 生産、販売、人事、財務など、企業経営の技術、知識、理論を学ぶ。

授業テーマ 会社のお金の集め方
企業の資金調達とリスクの関係とは?
講師 幸田 圭一朗(こうだ けいいちろう)
内容 経営学では、会社にとって不可欠なさまざまなものを扱います。みなさんの身近にある「お金」もその中の一つです。そこで、この授業では、会社を始めるにあたって必要なお金(資金)をどのように集めるのか、また、そのために社長はどのような決断をするのか、一緒に考えていきます。高校生のみなさんにとっては馴染みのない分野かもしれませんが、お金のやり取りを体感しながら、ちょっとだけ社会の仕組みを知ることにチャレンジしてみませんか?
担当科目 簿記入門/財務管理論/ビジネスプランニング/スポーツファイナンス論 ほか

授業テーマ 会社を始めよう
会社を作るには、何が必要?
講師 幸田 圭一朗(こうだ けいいちろう)
内容 「明日から、会社を始めます!」
いつか、そのような日が来るかもしれません。しかし、億万長者を夢見ているだけでは、「捕らぬ狸の皮算用」となってしまいます。そこで、実際にどのようにしてビジネスを始めるのか、具体的なイメージが必要です。この講義では、会社を始めるにあたって何が必要なのか、マーケティング・マネジメント・アカウンティングという経営学3分野の視点からやさしく解説していきます。
担当科目 簿記入門/財務管理論/ビジネスプランニング/スポーツファイナンス論 ほか

授業テーマ 経営学入門
講師 坂間 十和子(さかま とわこ)
内容 みなさんが「経営学」と聞くと少し難しいイメージを持つかもしれません。しかし、経営学はみなさんの日常生活でとても身近な学問です。この授業では、経営学とは何かをわかりやすく学んでいきます。
担当科目 マーケティング論、サービス・マーケティング論など

授業テーマ 経営学/経済学の世界を知ろう
講師 瀬戸 正則(せと まさのり)
内容 主に企業という組織に焦点をあて、取り巻く経営環境や、経営判断(意思決定)や行動のメカニズムなどについて、概説します。例えば、企業がどのように販売する計画を立てるのか、社員の管理や育成をどのように行うのか、会計をどのように行うのか、必要な資金をどのように調達するのか、消費者がモノを買う行動をどのように捉えるかなど、企業が厳しい競争環境の中で、実際に直面しているさまざまな課題や対処法について学びます。 したがって、消費者や企業の行動を身近に理解でき、今後の実践にも活用できます。 身近なテーマを深く掘り下げて学ぶことから、その背後にある経済の仕組みの理解にもつながります。
担当科目 経営入門/中小企業経営論/企業形態論/演習Ⅰ・Ⅱ ほか

授業テーマ 大きく変わる社会を経済の視点から見てみよう
講師 糠谷 英輝(ぬかや ひでき)
内容 今、日本経済や世界経済は大きな転換点を迎えています。皆さんの生活が大きく変わるということです。電気自動車やITを使った様々なビジネス、さらに人口減少や高齢化といった社会現象がどのように社会や生活を変えていくのか、経済や経営の視点から見てみましょう。将来、どんな仕事に就こうかを考えるときにも重要なポイントになります。
担当科目 外国為替論、外国為替実務、証券市場論、貿易実務、EU経済 ほか

授業テーマ 自分の資産(お金)を増やす方法を考えてみよう
講師 糠谷 英輝(ぬかや ひでき)
内容 これからは自助努力・自己責任が問われていきます。自分の生活を国などに頼ることが難しくなるということです。自分で自分の資産(お金)を増やして、生活していくことが必要になるのです。働いて収入を得るだけでは足りません。どのようにして資産を増やしていったらいいのでしょう。早くから準備すれば、それだけ負担も少なくなります。米国などでは小学校から学ぶ投資教育の基礎に触れていきましょう。
担当科目 外国為替論、外国為替実務、証券市場論、貿易実務、EU経済 ほか

授業テーマ 外国を見てみよう
講師 糠谷 英輝(ぬかや ひでき)
内容 日本にも外国人が増え、日本の会社も外国で稼ぐようになっています。益々外国を知ることが大切になっていきます。それでは日本と結び付きが強いアジアの国々はどんな国々なのでしょうか。いくつかの国を、日本とはどう違うのか、社会や経済の視点から覗いてみましょう。そして外に関心を向けるきっかけを作っていきましょう。
担当科目 外国為替論、外国為替実務、証券市場論、貿易実務、EU経済 ほか

授業テーマ ビジネスを見る目を磨く
コンビニ経営の舞台裏
講師 細井 謙一(ほそい けんいち)
内容 私たちの身の回りにはビジネスがいっぱいです。通学に使う交通機関も、身につけている衣服も、勉強に使う文房具も、毎日食べる食材も、大好きなテレビ番組も、私たちの生活に必要なものはほとんど全てがビジネスとして提供されているのです。とはいえ、高校生の皆さんには、ビジネスといわれても、どこか遠い世界のことのように思える部分もあるのではないでしょうか。この講義では、コンビニ弁当の舞台裏をのぞいてみることで、ビジネスがいかに身近なものであるかを実感していただき、ビジネスを見る目を身に着けていただこうと思います。
担当科目 流通システム論I・II/マーケティング入門/経営学概論ほか

授業テーマ ビジネスと食文化
私たちの身近な社会とビジネスの関係
講師 細井 謙一(ほそい けんいち)
内容 高校生の皆さんは「ビジネスの勉強は好きですか?」と聞かれて、好きだと答える人はそう多くないかもしれません。でも「食べることは好きですか?」と聞かれると、好きだという人はかなり多いのではないかと思います。食べることは私たちが生きるために必要なことですし、また生きる喜びでもあります。実は、その「食べる」ということの背後には、様々なビジネスがかかわっているのです。また、食べるということに限らず、私たちの暮らす社会や文化はビジネスによって作られてきたという側面がたくさんあります。お好み焼きなど身近な食文化を題材に、ビジネスが私たちの社会とどうかかわってきたかを解説してみたいと思います。
担当科目 流通システム論I・II/マーケティング入門/経営学概論ほか
※一般財団法人お好み焼アカデミー理事

授業テーマ ヒット商品から考える経営学の基礎
講師 堀江 浩司(ほりえ こうじ)
内容 経営学はマネジメント・マーケティング・アカウンティングの3分野から成り立っています。この授業ではこの3分野の概要を説明したうえで、高校生のみなさんが知っているヒット商品や人気のお店を例に挙げながら、それらがヒットした理由を探っていきます。ヒット商品の裏側では、企業が経営学の3つの分野で絶え間ない努力をしていることを知っていただきます。
担当科目 経営入門、経営組織論Ⅰ・Ⅱ、経営戦略論など

授業テーマ イノベーションってなんだろう
講師 堀江 浩司(ほりえ こうじ)
内容 最近、いろいろな所で『イノベーション』という言葉が使われています。『技術革新』と訳されることも多いのですが、この授業ではイノベーションを『新しい市場や価値を生み出すこと』と捉えます。iPhone やワークマンなどを例に、それらの商品がなぜ普及したのか、そのために企業がどのような工夫をしたのかなど考えることで、企業経営についての理解を深めていきます。
担当科目 経営入門、経営組織論Ⅰ・Ⅱ、経営戦略論など

授業テーマ 経営学に答えはあるのか?
講師 宮辻 渉(みやつじ わたる)
内容 いきなり質問ですが、経営学に答えはあるでしょうか? 少し考えてみると、もし経営学に答えが存在するのであれば、すべての会社は成功しているはずです。しかしながら、現実には倒産してしまった会社がたくさんあります。それはどうしてなのでしょうか? これまで皆さんは、例えば数学や英語など答えがあるとされるものを勉強してきたと思います。ですが、実は経営学において「絶対にこれが正しい!」という答えは必ずしも存在しません。そこで、本講義は経営学がどのようにして答えを探しだそうとしているのか、その多様なアプローチの方法を一緒に考えていきながら、経営学の面白さを伝えていきます。
担当科目 経営入門、経営管理論基礎、経営管理論、人的資源管理論Ⅰ・Ⅱ

授業テーマ 経営学はどのようにして人を動かすのか?
講師 宮辻 渉(みやつじ わたる)
内容 会社を運営していくためにはヒト(従業員)、モノ(生産設備や商品)、カネ(お金)、情報(ノウハウ)といった経営資源をうまく活用することが求められます。なかでもヒトは、他の経営資源と異なる特徴をもっています。なぜなら、ヒトだけが思考し、学習し、成長する特別な経営資源だからです。例えば、モノは勝手に動いてくれませんし、カネはヒトが活用しなければ意味がありません。したがって、会社の運営においてヒトは重要な経営資源に位置付けることができます。それでは、何をどのようにすればヒトは積極的に動いてくれるのでしょうか。本講義は、経営学で扱われるモチベーション理論を中心にその面白さを伝えていきます。
担当科目 経営入門、経営管理論基礎、経営管理論、人的資源管理論Ⅰ・Ⅱ

授業テーマ 貸借対照表(バランスシート)で考える
講師 角 裕太(スミ ユウタ)
内容 貸借対照表(バランスシート)は、ある経済単位の一定時点の財政状態を把握することができる計算書です。当該計算書は、企業、国のみならず家計においてもその管理にあたって有用なツールとなります。本授業では、各経済単位におけるバランスシートについて学習していきます。
担当科目 初級簿記Ⅰ・Ⅱ、会計学基礎、財務会計論

出張模擬授業 申込フォームはこちら

経営学部スポーツ経営学科 - 経済学をベースに、スポーツビジネスに関する知識の習得をめざす。

授業テーマ スポーツコーチングとは?
講師 尾方 剛(おがた つよし)
内容 25年間、競技者として陸上競技の長距離、マラソン種目に取り組み、引退後は指導者として8年目のシーズンを迎えました。その経験からスポーツ現場を通じて、プレイヤー(選手)とコーチ(指導者)の在り方やマネジメント(経営)手法等を紹介していきます。スポーツには、将来に直結する人間形成および人間的成長を促す特別な価値があります。そういった要素も学んでいきます。
担当科目 スポーツコーチング論、スポーツ指導法演習、スポーツマネジメント演習、演習(卒業研究)ほか

授業テーマ 「スポーツ」とは何か?
スポーツを広く深く考える。
講師 岡安 功(おかやす いさお)
内容 「スポーツ」とは、何でしょうか。スポーツを説明する事は出来ますか。日常生活の中でスポーツを楽しむ人は、多いと思います。そのスポーツについて、広く深く考えてみます。スポーツには、「するスポーツ(プレーする)」、「みるスポーツ(観戦する)」があります。さらに「ささえるスポーツ(ボランティアなど)」があります。こうした事について説明します。また、なぜ人々はプロスポーツを観戦するのだろうか、なぜ、スポーツに継続的に参加するのかも考えます。そして、スポーツを広く深く考え、学びます。
担当科目 スポーツ文化論、スポーツ産業論、レクエーションスポーツ論、Sport culture in Japan など

授業テーマ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への期待と現状の課題
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 2020年は日本の将来をデザインする絶好の機会です。一方、今回のオリンピック・パラリンピック作業を通して、様々な日本の課題が浮かび上がってきています。その課題を列記しますと、
①日本は決してスポーツ先進国ではない
新国立競技場がこれを象徴しています。
②日本独特の政治体質
外圧に頼らないと、なにも決められない。
③予算の問題
④開催時期の問題
7/24~8/9の開催期間で、真に充実したオリンピックになるのでしょうか。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ オリンピック誕生の歴史と今日の状況
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 フランス人ピエール・ド・クーベルタン男爵が近代オリンピックを誕生させてから、優に100年以上が経過しました。オリンピックを誕生させたクーベルタン男爵の志、及びその精神をわかりやすく解説します。そして、現代のオリンピックが誕生当時と比較してどのように変遷してきたのか、オリンピックの歴史を振り返ることで平和の祭典オリンピックの現状を考察します。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ サッカーはどうして世界No.1人気スポーツになったのか
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 1970年代以降、サッカーが急速に世界中に普及し今や圧倒的な世界No.1の人気スポーツになっています。普及・発展した大きな要因に、サッカーそのものの競技の魅力、そしてテクノロジーの進歩、世界経済の発展、更にはその発展を支えたスポンサー企業の存在などがあります。そして、普及・発展に貢献したキーマンも忘れてはいけません。これらを知ることにより、サッカーの現状がよくわかるようになります。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ ワールドカップサッカーのスポンサーシップの圧倒的魅力
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 FIFAワールドカップが今日のように世界No.1のメガスポーツイベントとなった大きな要因に、スポンサーの存在があることを忘れてはいけません。1970年台から80年代にかけて欧米・日本の多くの企業がグローバル・マーケティングを推進しました。そのグローバル・マーケティング実現の有効な手段として、ワールドカップサッカーに注目が集まったのです。ここでは、そのスポンサーシップの歴史・内容を説明します。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ イベントは社会を豊かにする
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 現代社会において、イベントは必要不可欠で、まさにそれは社会の潤滑油となっています。日常的にイベントが私達を取り囲んでいて、私達の生活をとても豊かなものにしてくれるのです。このイベントに関しての歴史的な考察、現代のイベント状況、将来の可能性、それらを知ってもらうことでイベントへの理解を深めてもらいます。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ オリンピック・ワールドカップ等のメガスポーツイベントの日本招致活動を経験して
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 2002年及び2022年のFIFAワールドカップ日本招致活動を経験しました。この仕事で一番強く感じたことは世界の大きさ、広さ及びその多様性です。これからの日本にとって、そして世界のすべての国にとってより平和な社会を建設するためには、この多様性の理解がとても重要なことになります。この多様性に関して説明します。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ 世界各地のお国事情
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 7年間にわたるニューヨークでの駐在生活、さらに30年に渡るサッカーを中心とするスポーツビジネスを通して、世界約100カ国を訪問することができました。この訪問により世界各国・各地域を隈なく自分の目で見ることができました。その経験および、世界各国各地域に対する自分自身の感想をまとめて紹介します。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ スポーツは世界を変える
講師 濱口 博行(はまぐち ひろゆき)
内容 今年4月ボストンマラソンで日本の川内優輝選手が優勝し話題になった。世界で一番歴史のあるボストンマラソンを通して、女性の社会進出、さらには体の不自由な方の社会進出が一般化してきた背景を説明します。さらにサッカーを中心とした世界スポーツが世界に与えた影響についても説明します。
担当科目 スポーツマーケティング論、イベント論、The World's Top Athletes from Japan、Major Sports in Japanほか

授業テーマ グローバルスポーツビジネスの風景
日本・アメリカ・ヨーロッパを俯瞰して
講師 林 和夫(はやし かずお)
内容 イチロー選手は引退してしまいましたが、菊池雄星、田中将大選手などがMLB(米国プロ野球)で活躍しています。彼らの年棒が20億円を超えるという報道を不思議に感じた方も多いのではないでしょうか? 日米で同じ野球をプレーして、このような差が出るのは、アメリカのスポーツビジネスの巨大さと歴史に理由があります。同じように、ヨーロッパのサッカートップリーグにも桁違いの資金が流れ、世界中のトップ選手を集めて繁栄しています。一方、日本も2020五輪開催などを契機に、スポーツが大きな成長産業となると期待されています。こうした世界のスポーツビジネスの潮流の一端を分り易く説明します。
担当科目 スポーツマーケティング、The World Top Athletes from Japan

授業テーマ 日本の未来を切り開くスポーツビジネス
講師 林 和夫(はやし かずお)
内容 平成の31年が終了し、新たな令和時代がスタートしました。時を待っていたかのように今年9月と目前に迫ったラグビーワールドカップ、2020夏のTOKYOオリンピック・パラリンピックなど、メガイベントが来日します。 この好機を捉え、スポーツを日本の成長産業として期待する声は高く、実際にスポーツ庁が主導してスポーツ未来開拓会議から興味深い提言を行っています。プロスポーツ、地域活性化とスポーツ、観光資産としてのスポーツなど、 包括的な内容を含む提言にスポットライトを当て、日本のスポーツビジネスの近未来像を探ります。
担当科目 スポーツマーケティング、The World Top Athletes from Japan

授業テーマ スポーツをビジネスにするマネジメントを学ぼう
講師 藤口 光紀(ふじぐち みつのり)
内容 新しいスポーツ文化、プロサッカー「Jリーグ」が発足して23年経過。日本スポーツ界に大きな一石を投じたことは紛れもない事実です。アマからプロへ何が変わったのか?共に考えてみましょう。
スポーツは人々の生活に欠かせないものの一つです。世界中で多額なマネーが動きます。ビジネスとして見えるものから見えないものまで、様々な価値が生れています。スポーツビジネスの世界に、一歩足を踏み入れてみましょう 。
担当科目 スポーツビジネス演習Ⅰ・Ⅱ、プロスポーツ経営実践、スポーツビジネス視察Ⅰ(国内)ほか

授業テーマ スポーツがもたらす力
講師 松田 亮(まつだ りょう)
内容 スポーツには無限の可能性を秘めています。この授業では、スポーツコーチングをベースに、スポーツ現場で活用できる最新の情報や現在のコーチングの在り方について紹介します。また、スポーツを通じて得られる「人間力」とは何か?自分なりの答えを探り、スポーツが与えてくれる魅力や、将来の活力およびキャリア形成への関わりについて知ってもらいます。なお、コーチングにはマネジメント(経営学)の要素も含まれています。是非、未来のトップアスリートやビジネスマンを育成するための土台づくりについて一緒に考えてみましょう。
担当科目 スポーツトレーニング論、スポーツ指導法演習、スポーツマネジメント演習、演習(卒業研究)ほか

授業テーマ 「スポーツ」を知る・考える・学ぶ
講師 松本 耕二(まつもと こうじ)
内容 あらためて“スポーツ”について問います。これまでどんなスポーツをプレーしましたか?スポーツをいくつ知っていますか?スポーツって何ですか?・・・もともとスポーツは気晴らしから派生した、主に身体を使ったルールがあるゲームなのです。いまやスポーツは、する・みる・ささえる・つくる、などと多様化しているます。講義では、スポーツの歴史や意義、価値、効果を紹介します。日ごろより、みなさんが親しんでいるスポーツから何を得ているのか。また、それらが社会や経済にどのように影響しているのか。身近な例を取り挙げて一緒に考え、スポーツの素晴らしさを学んでいきます。
担当科目 スポーツ社会学、地域スポーツ論

授業テーマ 生涯スポーツ社会 ~ユニバーサルなスポーツ
講師 松本 耕二(まつもと こうじ)
内容 少子超高齢社会で、生涯を通して、いつでも、どこでも、だれ(と)でもスポーツに親しむことができる、生涯スポーツ社会の実現に向けた取り組みを紹介します。講義では、マスターズスポーツや障がい者のスポーツを視聴・紹介し、障害のある・なしにかかわらず、ひとり一人の年齢や体力、運動技能、興味などライフスタイルに応じたスポーツをたのしみ、その効果を体感・体験できるユニバーサルなスポーツのあり方を一緒に考えます。
担当科目 スポーツ社会学、地域スポーツ論

授業テーマ トレーニングの科学
講師 柳川 和優(やながわ かずまさ)
内容 競技力向上のためには、日常のトレーニングが重要です。この講義では、さまざまなスポーツに適した科学的なトレーニングの方法を紹介します。具体的には、ハイ・パワー、ミドル・パワー、ロー・パワーのトレーニングを解説しながら、パワーアップの実際について述べます。さらには、状況に応じて、年齢に応じたトレーニング、スポーツと傷害、スポーツと栄養摂取、ダイエットと健康等について説明します。
担当科目 スポーツ生理学、スポーツ生理学実験、健康運動プログラム論、スポーツ科学、スポーツ実習など

授業テーマ 発育発達期の運動
講師 柳川 和優(やながわ かずまさ)
内容 この講義では、子どもの身体能力を最大限に伸ばすには、どういう時期にどのような運動をすれば良いのか、について述べます。子どもの運動能力や体力は年齢によって発達する時期が異なります。まず、動作の習得、次にねばり強さ、最後に力強さの順に発達のピークが訪れます。個人によって2~3歳の違いがありますが、それぞれの時期に適度な運動刺激を与えることにより、成人になった時には理想的な身体が完成されるということになります。
担当科目 スポーツ生理学、スポーツ生理学実験、健康運動プログラム論、スポーツ科学、スポーツ実習 など

授業テーマ スポーツを売る?スポーツで売る?
講師 渡辺 泰弘(わたなべ やすひろ)
内容 スポーツは、体験や感動を売る「商品」としての側面を持ちます。プロスポーツイベントや、試合が行われるスタジアム/アリーナの事例を交えながら、スポーツ経営学の醍醐味をお伝えします。
担当科目 スポーツ経営学、スポーツ施設マネジメント、スポーツ実習 ほか

授業テーマ オリンピックと報道
講師 渡辺 勇一(わたなべ ゆういち)
内容 2020年東京オリンピックの開催が迫ってきました。新聞のオリンピック報道は今後、ますます過熱していくことでしょう。
日本で最初に特派員がオリンピックを報じたのは1908年の第4回ロンドン大会でした。以後、日本選手の活躍の度合いに応じて、報道陣の数も報道量も増してきました。
オリンピック取材には厳しい制約が伴います。取材カードの入手から取材エリアの設定に至るまでチェックを受け、内外のメディアと激しい報道合戦が繰り広げられるのです。
長年のスポーツ記者や編集者としての経験をもとに、オリンピック報道の裏側と当面する課題などを多角的に紹介します。
担当科目 スポーツジャーナリズム論、スポーツメディア論

出張模擬授業 申込フォームはこちら

メディアビジネス学部ビジネス情報学科 - 現代ビジネスの基礎を学びながら、段階的かつ発展的にITを駆使する最先端のビジネスを学ぶ。

授業テーマ SNSの利活用と注意点
講師 石野 亜耶 (いしの あや)
内容 みなさんはTwitter、FacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用していますか?どのような情報を発信していますか?みなさんが何気なくSNSに投稿した身の回りの出来事や食事の内容、購入した商品の感想などの情報は、新商品の開発や評判分析など様々なビジネスやサービスに利用されています。本講義では、SNSに投稿された情報がどのようにしてビジネスやサービスに利用されているかを学びます。また、みなさんがSNSに情報を投稿する際に注意する点を学んでいきます。
担当科目 データマイニング論、データマイニング演習

授業テーマ ビッグデータで未来予測
講師 石野 亜耶 (いしの あや)
内容 スマホから取得された位置情報、TwitterやFacebookなどのSNSへ投稿されたテキスト、買い物をしたときの購入履歴。このような多種で大量のデータが、今、ビッグデータと呼ばれ注目されています。なぜ注目されているかというと、ビッグデータを利用することで、次に欲しくなる物は何か?どの商品がヒット商品になるのか?株価は上がるのか下がるのか?など、みなさんの行動や世界の状況の未来予測が可能になっているからです。本講義では、ビッグデータを使ってどのような未来予測ができるのか、どのような場面で活用されているのかを学んでいきます。
担当科目 データマイニング論、データマイニング演習

授業テーマ 「仮想通貨」から考える「経済」
講師 久保 大支(くぼ だいじ)
内容 みなさんは「仮想通貨」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ビットコイン、マウントゴックス事件、そしてコインチェック事件など、耳にしたことが無いでしょうか。そう、それです。
この授業では、「仮想通貨」ってナニ?ということを始めに、「お金」の意味と「仮想通貨」がもたらす未来の経済について、皆さんと一緒に考えましょう。
担当科目 電子金融取引Ⅰ・Ⅱ、経済入門、Web演習、情報処理演習(Java)、ゼミ

授業テーマ 「仮想通貨」から考える「情報」
講師 久保 大支(くぼ だいじ)
内容 みなさんは「仮想通貨」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ビットコイン、マウントゴックス事件、そしてコインチェック事件など、耳にしたことが無いでしょうか。そう、それです。
この授業では,「仮想通貨」ってナニ?ということを始めに、そこで利用される情報技術と仕組み、その応用について、皆さんと一緒に考えましょう。
担当科目 電子金融取引Ⅰ・Ⅱ、経済入門、Web演習、情報処理演習(Java)、ゼミ

授業テーマ 「仮想通貨」から考える「お金」と「情報」
講師 久保 大支(くぼ だいじ)
内容 みなさんは「仮想通貨」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ビットコイン、マウントゴックス事件、そしてコインチェック事件など、耳にしたことが無いでしょうか。そう、それです。
この授業では,「仮想通貨」ってナニ?ということを始めに、「お金」の持つ意味とそこで利用される情報技術のしくみやその応用について学び、「仮想通貨」がもたらすデジタル社会について、皆さんと一緒に考えましょう。
担当科目 電子金融取引Ⅰ・Ⅱ、経済入門、Web演習、情報処理演習(Java)、ゼミ

授業テーマ 情報システムと現代ビジネス
講師 杉山 克典(すぎやま かつのり)
内容 現代ビジネスを情報システム抜きで語る事は難しくなっています。それほどまでに情報システムは日々の生活の中に浸透してきたといえます。これはコモディティ化と言われます。例えば、ツイッターやブログへの投稿や動画共有サイトに編集した動画をアップする場合も、専門的な知識を必要せずに行う事ができます。この講義は、現代ビジネスでどのように情報システムが使われているのか、将来どのような事がおこるのかを学んでいきます。
担当科目 情報システム論/ ビジネス情報入門/ 情報システム演習 ほか

授業テーマ モノのインターネット(IoT)と現代ビジネス
講師 杉山 克典(すぎやま かつのり)
内容 現在は様々なモノがインターネットに繋がるようになってきています。これまでは、ゲーム機のような機器がインターネットに繋がる代表的な機器でしたが、それ以外にも様々なモノがインターネットに繋がります。様々なモノがインターネットに繋がることで、今までには実現できなかったようなビジネスやサービスが出現しようとしています。例えば自動車の自律走行やスマートウオッチに代表されるウエアラブルディバイスにより収集されるデータによるヘルスケアサービス等が挙げられます。この講義では、現代ビジネスに必要不可欠となってきているモノのインターネットについて解説していきます。
担当科目 情報システム論/ ビジネス情報入門/ 情報システム演習 ほか

授業テーマ 隙間(ニッチ)を狙うビジネスとは?
講師 関 隆教(せき たかのり)
内容 「Youは何しに日本へ?」というテレビ番組を知っているでしょうか?「テレビよりもスマホ」の現代において,好きなテレビランキングや満足度において上位を獲得している番組です。低予算ながらも視聴者の心をつかむことに成功したテレビ東京の巧みなマーケティング戦略に迫り,「マーケティングとは何か?」について学びます。
担当科目 インターネット・マーケティング論、顧客関係管理と知的情報ベース ほか

授業テーマ 品質管理って何だろう?
どんな場面で用いられ、また、どのような効果を発揮するのか?その使用例を学びます。
講師 丹羽 啓一(にわ けいいち)
内容 品質管理(Quality Control :QC)は、20世紀前半のアメリカで生まれ、主に製造業において発展してきました。
日本では第二次世界大戦後、まず初めに製造業で導入され、その効果が認められたことから急速に普及しました。その後、製造業だけでなく様々な業種において導入され、全社的品質管理など、日本独自の発展を経て、現在に至っています。
この講義では、品質管理の成り立ちとその適用事例についてわかりやすく解説します。
担当科目 オペレーションズ・リサーチ / 情報処理論B/ データベース論 / 情報処理演習A ほか

授業テーマ 目で見て納得身近なデータ
講師 丹羽 啓一(にわ けいいち)
内容 国や都道府県、市町村が公開している統計データや企業が公開しているデータなどを用いながらデータが表す意味を直感的に理解してもらうためにはどのような表現方法を用いればよいかということをわかりやすく解説します。
担当科目 オペレーションズ・リサーチ / 情報処理論B/ データベース論 / 情報処理演習A ほか

出張模擬授業 申込フォームはこちら

メディアビジネス学部メディアビジネス学科 - メディアを理解し、ビジネスの現場で戦略的に活用できる技術や知識を学ぶ。

授業テーマ マスコミ社会学~広告会社とメディアの仕事~
講師 北野 尚人(きたの ひさと)
内容 実業界から転身した大学教員としてのキャリアに関して自己紹介を行った後に、まず広告会社の仕事に関して解説し、更に、メディアに関連した仕事全般に関しての説明を行います。
最後に、広島経済大学のメディアビジネス学部及びメディアビジネス学科の紹介を行います。
担当科目 広告論、CM制作、コピーライティング実践講座

授業テーマ こんなに面白い世界の広告
講師 北野 尚人(きたの ひさと)
内容 まず、広島経済大学のメディアビジネス学部及びメディアビジネス学科の紹介と、実業界から転身した大学教員としてのキャリアに関して自己紹介を行います。
次に、「広告とは何か」を解説した上で、広告の種類、広告の役割、広告の見方に関しての説明を行います。
更に、世界中の優れた広告の事例を紹介し、広告鑑賞の仕方を講義します。
担当科目 広告論、CM制作、コピーライティング実践講座

授業テーマ メディアリテラシー入門
講師 土屋 祐子(つちや ゆうこ)
内容 メディアリテラシーは、文字の読み書き能力を発展させた「多様なメディアを読む(理解する)書く(伝える、表現する)」ことができる社会的なコミュニケーション力です。Facebook, Lineなどの相互交流的なソーシャル・メディアも盛んとなり、マスメディアの「受け手」であると同時に誰もが「送り手」となる情報環境が生まれています。メディアを理解すると同時に、メディアで表現し、個人が主体的に社会と関わっていくための素養がより重要になっています。こうした能動的で豊かなメディア活用・表現力はビジネス、地域振興の場でも必要とされています。これからのメディアリテラシーについて一緒に考えましょう。
担当科目 メディアリテラシー/メディア論/「私たちの広島」PR実践 ほか

授業テーマ 動画とメディア社会の今
講師 土屋 祐子(つちや ゆうこ)
内容 スマートフォンなど身近なメディア機器の浸透により、動画メディアの社会的影響力が増しています。世界的に大規模なユーザーを持つYouTubeに代表される動画共有サイトは、ヒットコンテンツを生む新たなビジネスの場となってきました。また、外国企業が次々と参入する中で、日本のテレビ局や広告会社も動画事業に本格的に取り組んでいます。一方でフェイクニュースなど事実に基づかない動画の広がりが選挙に影響を及ぼすなど社会問題も生じています。動画の可能性と課題について一緒に考えてみませんか。
担当科目 メディアリテラシー/メディア論/「私たちの広島」PR実践 ほか

授業テーマ 「ネットとマスメコミのお話 ~ あなたの未来をイメージして」
講師 徳永 博充(とくなが ひろみつ)
内容 「新聞なんてうっとうしいし、テレビも観る暇なんかない」。そういうあなたはスマホに夢中なはずです。「全ての情報はネットの中にある」。そう考えているはずです。でもその情報に嘘、つまりフェイクニュースの類が含まれているとしたらどうしましょう。スマホ情報とマスコミ情報。その集め方と伝え方の違いを紐解き、フェイクニュースからの護身術を伝授します。36年間、テレビ現場で培ったメディア解剖術です。「知的なおしゃれ」をあなたにお教えしましょう。メディアの仕組みと役割を理解して上手に使えば、社会の仕組みや動きが見えてきますよ。
担当科目 現代マスメディア論、現代マスメディア事情、映像メディア論、映像制作応用 ほか

授業テーマ 「ドキュメンタリー映画の作り方 教えます」
講師 徳永 博充(とくなが ひろみつ)
内容 みなさんはドキュメンタリー映画を観たことがありますか。ドキュメンタリー映画はリアルです。ちょっと生真面目です。そして大きな感動を与えてくれることがあります。アニメや恋愛映画とは違いますね。扱うテーマは「若者の貧困」だったり、「保育園に入れなくて困っている親子」だったり。取材は社会の問題に目を向けて、苦しんでいる人たちに寄り添います。それをまとめて表現し、「こんな理不尽なことがありますよ。一緒に考えませんか」と、問題提起をしていきます。
広島経済大学メディアビジネス学科の学生は、毎年、こうしたドキュメンタリー映画を制作し、2017年には日本一に輝きました。授業ではこのドキュメンタリー映画の作り方を皆さんに教えます。
担当科目 現代マスメディア論、現代マスメディア事情、映像メディア論、映像制作応用 ほか

授業テーマ デザインの事例から考えるこれからのビジネス
講師 宮地 英和(みやじ ひでかず)
内容 私たちの身の回りは、様々なモノやサービスで溢れています。そして、それらの殆ど全てが何かを目的として意図的に“デザイン”されています。社会環境やライフスタイルと共に変化する“デザイン”は、今日のビジネスにおいても重要なキーワードの一つとなっています。この講義では、様々な事例を紹介しながら、“デザイン”の目的と効果について明らかにし、皆さんと一緒にこれらからのビジネスについて考えていきます。
担当科目 情報デザイン論、ユニバーサルデザイン実践、デザイン制作

授業テーマ デザインは誰のためのもの?
講師 宮地 英和(みやじ ひでかず)
内容 良いデザインとは何か?皆さんは普段何気なく使っているモノやサービスについて不便を感じたことはありませんか?この講義では、年齢・性別・障がいなどの特性に配慮し、誰にとっても使いやすいことを目的としたユニバーサルデザインの事例を紹介し、「デザインは誰のためのもの?」をテーマに、私たちの日常生活に潜む様々な問題とそれらを解決するためのデザインについて説明します。
担当科目 情報デザイン論、ユニバーサルデザイン実践、デザイン制作

出張模擬授業 申込フォームはこちら