データベース 利用方法

EBSCOhost

(1) 学内パソコンからEBSCOhostへアクセス
(2)EBSCOhost Login(入口)をクリック
(3) データベースを選択(左のチェックボックスにチェック)し「続行」をクリック
(4) 検索画面でキーワードを入力して検索
(5) 検索結果一覧が表示されます
(6) 「HTML 全文」「PDF 全文」と表示されている論文はそのまま全文が読めます

  • 全文が読めない論文であっても、論文名をクリックすると抄録または索引が読めます
  • また、をクリックして本学図書館で所蔵しているか、調査できます
  • 本学に所蔵していない場合は、Myページから学外に複写依頼をすることができます   
  • 利用マニュアルはEBSCOhost ユーザーガイドをご覧ください。

ScienceDirect

(1) 学内パソコンからhttp://sciencedirect.com/へアクセス
(2)画面上部の 「Journals」をクリック
(3)一番右側の絞込みフィルター「All access types」を「Subscription & complimentary」に変更
(4)雑誌タイトルをクリック    
(5)左側の巻号リストをクリック
(6)一覧の中から読みたい論文の「PDF」をクリックすると本文が表示されます

  • アイコンが緑色とオレンジ色は本文アクセスができます。
    白色は抄録まで読めます
  • このサービスの対象となるのは2003年~2009年の論文です。

Cambridge University Press

(1) https://www.cambridge.org/core/what-we-publish/journalsへアクセス
(2) 購読タイトルの記事を閲覧するには、一番左のボックスの「All access types」を「Other access」に変更
(3) 雑誌タイトルをクリック
(4) 「All issues」のタブを選択
(5) 巻号をクリック
(6) 一覧の中から読みたい論文の「PDF」をクリックすると本文が表示されます

  • 記事検索はhttps://www.cambridge.org/core/から行います。
    「Only search content I have access to」にチェックを入れると、全文アクセ

聞蔵(きくぞう)IIビジュアル

学内でインターネットに接続できるパソコンがあれば下の“聞蔵IIスタート”ボタンから直接アクセスできます。ただし、同時に利用できるのは2名(2アクセス)までですので、利用が終わったら必ず“ログアウト”してください。

〔内容〕

「朝日新聞1985~」「朝日新聞縮刷版1879~1999」「朝日新聞デジタル」「AERA」「週刊朝日」の記事、「知恵蔵」の項目を検索できます。
そのほかは利用対象外です。 
収録内容や利用方法の詳細はログイン後、「使い方」で確認できます。

【朝日新聞1985~、週刊朝日、AERA】
  • 朝日新聞紙面に掲載された記事の見出しと本文を検索でき、本文をテキストで閲覧できます。
  • 2005年11月以降は、記事の切り抜きイメージをPDFファイルで見ることもできます。

    <収録記事>
  • 朝日新聞本紙(朝・夕刊最終版):1984年8月から。地域面1988年6月から。
  • 朝日新聞デジタル:2011年5月~ 独自コラム・記事
  • AERA:1988年5月24日発行の創刊号からの記事
  • 週刊朝日:2000年4月~ ニュース記事
【朝日新聞縮刷版1879~1999】
  • 本学では1945年から1999年の記事を検索できます。
    「明治・大正」「昭和(戦前)」は利用対象外です。
  • 紙面イメージ(PDF形式)を拡大・縮小しながら閲覧できます。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

利用場所 図書館1階レファレンスカウンター(専用パソコン1台)
利用時間 平日(月‐金) 9:00-17:30

〔閲覧方法〕

  • 閲覧申込書にご記入ください。(学生の場合は学生証の提示をお願いします)
  • 職員によるログイン後、専用パソコンで利用できます。
  • デジタル画像のダウンロードや保存、カメラ等での撮影はできません。

〔複写(プリントアウト)〕

  • 著作権の範囲内で複写(モノクロ/カラー)ができます。複写申込書にご記入ください。複写は図書館職員が行います。
  • 本学図書館に所蔵がある場合は、原則として冊子体の資料から複写をしてください。
  • 料金は無料です。

〔利用できる資料〕

国立国会図書館デジタルコレクション収録資料のうち「国立国会図書館/図書館送信限定」表示のある資料が利用できます。「図書館送信資料」にチェックを入れて、絞込み検索をすることができます。

サービスの概要につきましては、下記のサイトをご覧ください。