履修モデルと進路例スポーツ経営学科

履修モデルと目標とする進路

(1)スポーツ関連企業系モデル

スポーツ関連ビジネスの企画・管理・運営などに関わる人材を目指す。
経営関連理論とスポーツ関連理論を融合的に学び、スポーツ経営の知識を修得します。さらに、より実践的な演習科目での学びを通してスポーツビジネスで求められる具体的なスキルも身につけます。本モデルは、経営感覚に富んだスポーツのわかるビジネスパーソンの育成を目標とします。

目標進路

スポーツクラブ、スポーツ用品メーカー、スポーツ用品ショップ、広告代理店、スポーツイベント関連企業などが想定されます。

(2) スポーツコーチング系モデル

地域スポーツ団体やクラブ、スポーツ施設などでのスポーツ指導や、企画・管理・運営などのできる人材を目指す。
スポーツ関連の理論と実践の科目を中心に学ぶことで、スポーツ実践とスポーツ指導に活用できる知識と実践スキルのノウハウを身につけます。さらに、スポーツビジネス関連科目を受講することで、地域のスポーツ団体やクラブで、スポーツ指導者やコーチ、組織経営を理解したマネジメントスタッフを養成します。本モデルは、スポーツに精通し、かつ地域社会で活躍できる人材の育成を目標とします。

目標進路

各種スポーツ団体、スポーツクラブ、スポーツ関連企業などが想定されます。

(3)一般企業系モデル

スポーツビジネスのわかる企業人を目指す。
一般企業で必要とされる経済・経営関連科目を中心にして、スポーツ関連科目をも合わせて学修することで、スポーツマインドを兼ね備えたビジネスパーソンを育成します。本モデルは、一般企業で活躍が期待される、活力ある人材の育成を目標とします。

目標進路

一般企業、各種公益法人、公務員などが想定されます。

スポーツ経営学科の主な内定実績(過去5年間)

スポーツ関連企業のみならず経営学の知識で一般企業でも活躍できる

トヨタ自動車(株)、東京ガス(株)、(株)JTB、九州旅客鉄道(株)、(株)広島東洋カープ、(株)電通スポーツパートナーズ、ミズノスポーツサービス(株)、(株)セレスポ、(株)ジエブ、(株)山陰スポーツネットワーク、(株)メガスポーツ、(株)体育社、(株)中電工、西鉄旅行(株)、(株)近畿日本ツーリスト中国四国、リコージャパン(株)、(株)広島銀行、(株)西京銀行、野村證券(株)、東洋証券(株)、東芝テック(株)、ダイキョーニシカワ(株)、尾張精機(株)、(株)ナガワ、文化シヤッター(株)、オタフクソース(株)、旭食品(株)、湧永製薬(株)、西日本メディカルリンク(株)、住友林業(株)、全国農業協同組合連合会 広島県本部、広島市農業協同組合、呉商工会議所 ほか

■公務
海上保安庁、広島県庁、広島県警察、愛媛県警察、東広島市消防局、北九州市消防局 ほか

卒業生からのメッセージ

興動館プロジェクトの経験が大きな強みに。

(株)広島東洋カープ ファンサービス部 ファンクラブ課
兼 試合運営部
兼 プロジェクト室 イベント企画チーム
兼 地域担当室
吉中 友理絵さん
スポーツ経営学科2016年3月卒業
広島県・呉宮原高校出身

ファンクラブの運営や、試合日にマツダスタジアム内で行うイベントの企画、サポートを担当しています。大学では「スポーツによる地域活性化プロジェクト」の活動に力を注ぎ、スポーツ観戦に来てもらうための企画やスポーツを身近に感じられるイベントなども開催しました。その中で鍛えられた企画力やイベント運営の経験が現在の仕事に活かされています。興動館プロジェクト活動などに真剣に取り組み、将来の選択肢を広げてください。