高齢者の交流機会促進と地方のDXを目指す!経営学部の藤原ゼミナールが「スマホ講座」を開催しました。

11/11/2022
社会・地域 教育・研究 学生の活動

10月20日(木)、経営学部経営学科の藤原ゼミナールが、高齢者を対象にスマートフォンを活用したLINE教室を、広島市五月が丘公民館で開催しました。

本講座では、デジタルデバイド対策の一環として、デジタル活用に不安のある高齢者に、学生自らが考えたテキストを使用して、基本操作から詳しい使い方まで説明しました。

地域創生を研究テーマとする藤原ゼミでは、政府が進めるデジタル田園都市国家構想に向けた地方におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進施策の1つとして、「誰一人取り残されない、人にやさしいデジタル化」の実現に向け、高齢者の交流機会の現状把握と課題を調査し、本講座での体験を通じて、DX推進に向けた新しい施策の提案を目指しています。

参加者からは、「身近に聞ける人がいないので、とても助かりました」「教えてもらったことを早速実践して、家族と交流する機会を増やしたいです」など、嬉しい感想がありました。

藤原ゼミナールの今後の活躍に期待しています。

関連情報