JAF中国本部とスポーツによる地域活性化プロジェクトの共催で「JAFフェスティバル中国」を開催しました。

8/19/2019
学生の活動 興動館

8月10日(土)広島市中区スポーツセンターにおいてJAF中国本部とスポーツによる地域活性化プロジェクトの共催で「JAFフェスティバル中国」が開催され、81名が参加しました。
このイベントは、JAF中国本部が毎年会員を対象に行っている事業で、この度は広島において広島ドラゴンフライズの選手との交流イベントを開催するため、プロスポーツ団体イベントの運営実績のあるスポーツによる地域活性化プロジェクトに声がかかり、企画段階から当日の運営まで携わりました。
当日は、「JAF×広島ドランゴンフライズ大運動会~とどろく鼓動、あふれる感動、諦めたらそこでFES終了~」と題し、広島ドランゴンフライズの2選手と一緒に大運動会を開催しました。メンバーたちは、会の司会や各チームのサポートなどの運動会の運営全般を担当しました。参加者は、4チームにわかれ風船ゲーム・玉入れ・フリースローの3競技で得点を競い、選手2名と交流しながら各競技を楽しんでいました。また、子ども安全免許証発行などの交通安全啓発コーナーや垂直とびなどの体力測定コーナーを設け、競技以外の場でも様々な催しを楽しんでもらいました。今回のイベントのリーダーを務めた上川 真奈さん(スポーツ経営学科3年)は、メンバー全員の声を代表して「当日は、参加者のみなさんの交流が多く見られてとても嬉しかったです。3ヶ月間の準備はとても大変でしたが、多くの支えがありイベントが成功したと思います。」とイベントを終えた気持ちを語ってくれました。
今後ともスポーツによる地域活性化プロジェクトの活動にご期待ください。