履修モデルと進路例メディアビジネス学科

履修モデルと目標とする進路

(1) ビジネスコミュニケーション型

最先端のメディアの活用方法を学び、ビジネス戦略などを学修。広告・宣伝・広報部門で活躍するスペシャリストに。
さまざまなビジネスにおける最先端メディアの効果的な活用法を考案できる知識やスキルの修得を目指します。メディア産業の現状や課題、メディアの多様化に対応したビジネス戦略などを学修。将来の仕事に直結する知識やノウハウを育むとともに、多様なメディアを駆使した戦略的マーケティングを構築する能力や相手のニーズを巧みに引き出すビジネスコミュニケーション能力を養います。

目標進路

情報通信産業、金融業、卸売・小売業、メーカーなどの広告・宣伝・広報といった部門で、メディアを活用した新たなビジネス戦略を立てられるスペシャリストに。その他、広告・マスコミ関連の企業でクリエイターを目指す道もあります。

(2)メディアプロデュース型

デジタルメディアをはじめとするコンテンツ制作を体験。多岐にわたるメディアの最前線で活躍できる人材を育成します。
デジタルメディアをツールとして使いこなす力や企画立案能力を、実習を通じて養います。少人数ゼミによる表現実習では、映像・音声メディアの特性と効果を把握し、ストーリーを的確に伝えたりインパクトのある編集ができる表現力を育てます。また、メディア・IT科目の授業では、制作したコンテンツをインターネットで発信するプロデュース能力を育成。さまざまな実習を通じ、機材の操作方法などもマスターします。

目標進路

TVやラジオの番組制作からCM制作、アナウンサーやリポーター、出版物の編集者まで、多岐に渡る分野の最前線で活躍できる人材に。他にも、教育、文化、エンターテインメントなどの分野で、メディアコンテンツの開発や企画制作を行う制作者も考えられます。

メディアビジネス学科の主な内定実績(過去5年間)

メディア業界だけでなくメディア戦略を必要とする全ての組織へ

ホームテレビ映像(株)、(株)ちゅピCOMひろしま、(株)マイナビ、(株)アスコン、(株)ディスコ、(株)みづま工房、(株)平和広告、(株)エイチ・アイ・エス、西日本旅客鉄道(株)、メガネの田中ホールディングス(株)、イオンリテール(株)、ライト電業(株)、(株)ソルコム、(株)エレコン、(株)ガリバープロダクツ、(株)なとり、(株)八天堂、(株)あじかん、福留ハム(株)、中国木材(株)、(株)研創、(株)ダイクレ、(株)サタケ、シモハナ物流(株)、(株)中国シッピングエージェンシイズ、信金中央金庫、広島市信用組合、東洋証券(株)、丸三証券(株) ほか

■公務
警視庁、広島市消防局 ほか

卒業生からのメッセージ

思い描いたものを形にする面白さを日々実感しています。

(株)RCCフロンティア
上薗 杏美さん
メディアビジネス学科2010年3月卒業
広島県・広島皆実高校出身

ゼミ教員から制作会社に向いていると言われたことがきっかけで、現在は、映像部門で番組やCM等のディレクターをしています。理想の番組を制作する過程でひねり出した「1」がチームで磨くうちに「100」になる様が面白く、こうした仕事を今できていることに幸せを感じています。大学で出会った友人や個性豊かな授業の学びで世界が広がり、今の自分に大きく影響しています。皆さんもここで見たことのない景色を見つけてください。