ひろしまカレッジ

教育ネットワーク中国と大学が連携して、大学などが持つ優れた研究・教育機能を市民生活に活かすことを目的に、社会人の皆様に学習機会を提供しています。日常の暮らしに生涯学習の時間を取り入れてみてはいかがでしょうか。

講座概要

本年度のテーマは「名言・名場面の舞台裏」です。〈男と女〉、〈乱世〉、〈昔話〉の3つの切り口で、古代から江戸時代までの文学作品を考察します。
名言・名場面は長い年月、私たちの心をとらえてきました。と同時に、多くの謎を残しています。「名言・名場面の舞台裏」で一体何が起こっていたのか。さまざまな史実や物語を紹介して考察しますので、いっしょに考えていきましょう。 
14回実施する講義(学生対象)の中で、11月9日(木)~12月7日(木)の5回分(乱世)をひろしまカレッジの講座として公開します。

日程 テーマ・講義内容
第1回
11月9日(木)
【テーマ】「敵に塩を送る」~上杉謙信、義のヒーローの誕生~
【講義内容】「戦略的意図」から「義のヒーロー」に解釈が変わったのはなぜか。
第2回
11月16日(木)
【テーマ】「浜松を引くほどならば、我、武夫の道をやめんものを」
      ~徳川家康、若き日の覚悟~
【講義内容】「狸親父」以前の家康のイメージはいかなるものか。
第3回
11月23日(木)
【テーマ】「吾が敵は本能寺にあり」~明智光秀、主殺しの下剋上~
【講義内容】「本能寺の変」の物語はどのように作られていったのか。
第4回
11月30日(木)
【テーマ】「三本の訓」とその後~毛利家、一族の結束と確執~
【講義内容】元就の訓えは守られたのか。
第5回
12月7日(木)
【テーマ】「行き過ぎたりや二十三」~大鳥一兵衛、下剋上の根を断たれた傾奇者~
【講義内容】傾奇者はいかに消えていったのか。

講師

長谷川 泰志(はせがわ やすし) 経済学部 教養教育部 教授

時間

13:00~14:30(3時限目)

会場

〒731-0192 広島市安佐南区祇園5丁目37-1
広島経済大学 1号館 133教室
※学内駐車場のご利用はできません。JR下祗園からのスクールバスをご利用ください。

受講料

無料

定員

30名(先着順、定員になり次第締め切ります)
※本来は学生対象の講座ですので、学生と一緒の受講となります。

申込日

平成29年10月2日(月)~10月27日(金) ※先着順

申込手順

手順1 講座を受けるためには、受講証が必要です。教育ネットワーク中国に登録の手続きをしてください。
詳しくはhttp://www.enica.jp/hiroshima/index.htmlを参照してください。
また、教育ネットワーク中国「ひろしまカレッジ事務局」にお問い合わせください。
〒730-0803 広島市中区広瀬北町9-3(広島修道大学インターナショナルハウス内)
教育ネットワーク中国 「ひろしまカレッジ事務局」
TEL(082)533-7590   FAX(082)533-7591

※なお、すでに受講証をお持ちの方は、再度、登録の手続きの必要はありません。
手順2 受講証の手続きが終わった方、または、すでに受講証をお持ちの方は、ファックス、またはEメールにて、次の①~④をご記入の上、以下の申込先にお申込みください。
 ①氏名(ふりがな)
 ②郵便番号、住所
 ③電話番号、FAX番号等
 ④受講証の番号(パスピーの裏の番号)

※電話による申し込みはお受けできませんのでご了承ください。
申込先
問合先
広島経済大学 教育・学習支援センター 教育支援課
TEL(082)871-9345   FAX(082)871-1021
E-mail spt-sc@hue.ac.jp

過去の講座情報