興動館プロジェクト

「興動館科目」の学びを活かして、学生主体のチームでプロジェクトに取り組み、社会の現場で活躍できる実践力を養います。

興動館プロジェクトの特徴

興動館プロジェクト風景

● 国際交流・社会貢献・地域活性・経済活動などで、学生が集団で活動に取り組み、「何か」を達成します。
● プロジェクトの企画・実行など全般において学生が主体的に活動します。
● 実社会で必要な人間力を養い、「ゼロから立ち上げる」興動人として活躍する人材を育成します。
● 各プロジェクトに、学生の活動をサポートするコーディネーター(教職員)を配置しています。

主催プロジェクト

大学が主催するプロジェクトです。

公認プロジェクトA

50名以上の参加者を集め、興動館運営委員会で認められたプロジェクト。1プロジェクトに対し、最高1000万円まで費用を援助します。

公認プロジェクトB

20名以上の参加者を集め、興動館運営委員会で認められたプロジェクト。1プロジェクトに対し、最高500万円まで費用を援助します。
※活動中に参加学生が50名以上となり、審査を通過した場合は公認プロジェクトAに昇格することができます。

準公認プロジェクト

5名以上20名未満の参加者を集め、興動館運営委員会で認められたプロジェクト。1プロジェクトに対し、予算の範囲内で援助します。
※活動中に参加学生が20名以上となり、審査を通過した場合は公認プロジェクトB以上に昇格することができます。

入門プロジェクト

3名以上の参加者を集めれば、いつでも立ち上げることができます。募集期間は通年です。1プロジェクトに対し、最高5万円まで費用を援助します。
※活動中に参加学生が5名以上となり、審査を通過した場合は準公認以上に昇格することができます。
 

主催プロジェクト

インドネシア国際貢献プロジェクト国際交流

フェアトレード活動を通じてインドネシア貧困地域の生活向上を目指す。
2010年10月、インドネシア ジャワ島中部にあるムラピ山の噴火によって多くの被害が出ました。そのため、2011年度は周辺地域の復興を目指し「被災者を元気にする」「被災者の生活を安定させる」を目的とした「スポーツ活動」「平和活動」「ビジネス活動」を行ってきました。2012年度からは目的を「ビジネス活動を通じて平和を築く」に変更して活動を行いました。その後、被災地の復興にも目処が立ったため、2013年度からは活動場所をインドネシア国内のチャワスという地域に変更しました。目的も「フェアトレードを通じてムンドン村の人たちの生活を向上させる」としてインドネシアの伝統工芸品である「テヌンルーリック」という布を用いたオリジナル商品の開発や技術支援、現地の方々との信頼関係を深めるためのフェスティバル、オリジナル商品を日本とインドネシアで販売するビジネス活動を行っています。

Leader's Voice

インドネシアの都市部は渡航の度にインフラが整備され、新しいショッピングモールができるなど著しく発展しており、経済成長を実感しています。その一方、都会を離れると衣食住環境や衛生面は極端に異なり、貧富の差を感じます。私たちはこの貧富の差を少しでも埋める助けになるように頑張っています。今後もインドネシアの方々のためにチーム一丸となって取り組んでいきます。

スポーツ経営学科 3年 下野 燿さん 広島県・呉高校出身

子ども達を守ろうプロジェクト社会貢献

子ども達がのびのびと成長できる安全なまちづくりを目指して。
地域の方々と連携し、子ども達が安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。活動の中心は、近隣の小学校で行う「ガードボランティア」。これは不審者から子ども達を守るために、学生が校庭内を見回ったり、休み時間に校庭で子ども達と遊んだりする取り組みです。日々の活動を通じて子ども達と仲良くなり、保護者の方からも信頼を得ています。そのほかクリスマス会や夏休み宿題お手伝いイベント、未就学児を対象とした防犯イベントなどを開催し、地域の方々や子ども達と交流を深めています。コミュニケーション能力や企画・実行力などを養い、今まで培ってきた地域の方とのつながりを大切にし、今後はより多くの人に活動を知ってもらえるよう幅広く活動していきます。

Leader's Voice

子どもが好きなことと社会貢献への関心からこのプロジェクトに参加しました。子ども達が安全に家に帰れるよう、車通りの多い所などでの下校安全サポートの活動や、クリスマス会やスポーツ大会などのイベントも開催。私たちの顔を知ってもらうことで万一の時にも周囲に助けを求めやすい、地域の良い環境づくりにつながればと思います。子ども達が喜んでくれたり、「ありがとう」と言ってくれることにやりがいを感じます。

経済学科 3年 妹山 也人さん 広島県・可部高校出身

武田山まちづくりプロジェクト地域活性

地域の人々とともに里山を通じたまちづくり。
本学の裏にそびえ立つ武田山は、地域のシンボルとして親しまれています。プロジェクトの目標は、この武田山の自然を守り、その資源をまちづくりの施策として活かすこと。具体的には、大学の第三校地西側の山林を「たけだの里」と命名し、開発をしています。この「たけだの里」には、間伐材を使ったステージやベンチを配置した、地域の方の憩いの広場を整備するほか、様々な植生が楽しめる里山の再生を目指しています。それに加え、子ども達と秘密基地を作るなどのイベントも考えています。また、一つの大学が一つの自然環境を守る運動である「一学一山運動」の拠点校として他大学と協働して「一学一山運動フォーラム」を開催しています。今後も地域の活性化のため地域資源の保全と、その活用に全国の大学生とともに取り組んでいきます。

Leader's Voice

プロジェクト活動を通じて、中山間地域の問題や、地域の人々の繋がりなどを深く考えるようになりました。今まであまり関わりのなかった地域の人々との交流が生まれ、自分たちがあまり体験したことがないような伝統や文化についても関心を持つようになりました。また、自分たちの手で直接山を切り拓き、里を作るという作業そのものが魅力的で楽しいです。今後は「たけだの里」をより一層人が集えるような場所に開発していきたいです。

経済学科 3年 髙尾 悠也さん 広島県・広陵高校出身

カフェ運営プロジェクト経済活動

学生が主体的にカフェ運営に取り組み、ビジネスのノウハウを習得。
興動館1階にあるHUE Café「Time」を学生だけで運営しています。メンバーは運営上の様々な課題をともに解決するなかで、ビジネスに関する知識やスキルを身につけています。カフェの経営理念は「カスタマーファースト~地域とともに~」です。お客様もメンバーも笑顔でいられる居心地のよい時間と空間をつくることが大きな目標です。そして現在は、商品開発、広報活動、シフト作成、資金管理を行い、一人ひとりが経営者として様々な経営戦略を学んでいます。地域の雑貨団体や子育てサークルとの共同イベントやピアノ発表会を行ったり、外部の方からの依頼を受け、店外での出店も行っています。多くの皆様に来店していただけるとともに、地域で愛されるカフェ創りを目指して、全力で活動しています。

Leader's Voice

普段から料理やお菓子作りが好きで、カフェ通いが趣味だったことから、カフェ運営に興味がありました。さらに、高校で学んだ簿記会計、大学で学んだ経営学が活かせるプロジェクトはここしかない!と参加。しかし、知識だけではうまくいかないということがよくわかりました。店の方向性について各メンバーの意見が異なり対立することもありましたが、相手を受け入れることでよりよいものにできることを学びました。今後は、店長としてお客様に喜んでいただくのはもちろん、メンバー全員が楽しめるカフェにしていきたいです。

経営学科 3年 平谷 心一さん 山口県・誠英高校出身

公認プロジェクトA

カンボジア国際交流プロジェクト国際交流

未来のために今、できることを!
カンボジアには約40年前、独裁政権による影響で多くの教師や医者などの知識人が犠牲となった悲しい歴史があり、教育環境の整備が大きな課題となっています。将来のカンボジアを担う子ども達にもっと夢や希望を持ち笑顔になってもらいたいと思い、広島の戦後からの復興のプロセスを記した副読本を製作し、現地の小学校でオリジナルの授業を展開する活動を行っています。現在はカンボジアの子ども達のニーズに応えながら第一版副読本の改訂を進め、2016年2月に完成した低学年向けの副読本と合わせて現地の教育機関へ向けた普及活動を行っています。また、本学と姉妹校提携を結んでいるパニアッサストラ大学と連携を強化する現地イベントの実施を継続させ、同大学内に設置した広島コーナーの充実を図る活動や、カンボジアで大きな問題となっている衛生環境を改善するための衛生教育活動を企業と連携し実施しています。カンボジアの子ども達の未来のために、私たちができる活動を進めています。

Leader's Voice

私は本プロジェクトの「子どもを笑顔にする」という目的に共感し参加しました。カンボジアは衛生インフラがまだまだ不十分な地域があり、感染症などが社会問題になっています。そのため、村の親子の衛生に対する意識向上を目指して、ハミガキや手洗いなどの教育活動を実施しています。プロジェクト活動を通して、みんなの意見に耳を傾けられるようになり、より良い結果を導くため行動できるようになったと思います。

メディアビジネス学科 3年 谷川 飛馬さん 広島県・瀬戸内高校出身

スポーツによる地域活性化プロジェクト地域活性

スポーツの力で広島を盛り上げます。
スポーツ王国・広島に拠点を置くスポーツチームを盛り上げ、広島の地域活性化につなげることを目的に活動しています。現在は、広島に住む方々にスポーツに対する興味・関心を持ってもらい、観戦のきっかけ作りのために、選手を招いた応援イベントや観戦会等を自分たちで企画・運営しています。また、公式戦に出場する機会の少ない小学校低学年を対象としたサッカー大会を開催するなど、地域の方々とスポーツを通じて交流する活動も行なっています。トップス広島※と連携した活動にも取り組んでおり、現在「トップスニュース」を隔月で発行しているほか、トップス広島公式HPの運営も行っています。
※トップス広島…広島県の8競技9団体のスポーツチームが連携し、地域密着や活性化に貢献する活動を行う。

Leader's Voice

将来、スポーツに関連した仕事に就きたいと思い、このプロジェクトに参加しました。サッカーや野球の観戦会など、スポーツを身近に感じてもらうための活動をしています。60名ほどいる大人数のメンバーを束ねていくのは大変ですが、協働や意思疎通を大切にして、全員が一致団結して取り組めるような様々なイベントの企画を考えているところです。ぜひ私たちと一緒に新たな試みにチャレンジし、広島のスポーツを盛り上げていきましょう。

スポーツ経営学科 3年 神谷 航汰さん 鳥取県・鳥取東高校出身

コミュニティFM放送局運営プロジェクト地域活性

地域に愛され、信頼されるコミュニティFM放送局「FMハムスター」!!
FMハムスター(79.0MHz)は、広島経済大学のスタジオから、安佐南区やその周辺に向けてラジオの放送を行っています。このプロジェクトでは、学生が中心となって番組制作や電波送出といった放送局の運営に携わります。地元の方々や企業への取材、さらには安佐南区役所からの情報を伝えることを通して、地域性に富んだ番組を提供することが狙いです。2015年度、2016年度の放送においては、2014年夏に起きた広島土砂災害の教訓に鑑み、地域と連携した番組制作に力を注ぎました。さらに、2017年度は地元公民館や地域団体との更なる連携の構築を図っていきます。「地域に愛され、信頼されるコミュニティFM放送局」実現へ全力を尽くします。

Leader's Voice

以前からメディアに興味があり、プロジェクトに参加。熱いメンバーに影響を受け、自分で行動を起こすことの楽しさを知りました。担当は音響ですが、番組内容を考えたり、実際に取材先まで足を運ぶようになりました。安佐南区やその周辺に向けてのFM放送局として気になるのは、リスナーを増やす方法と、リスナーがどんな企画を求めているのかということ。まずは区民の方々とコミュニケーションをとり、地域の人に寄り添える企画を立てたい。目標は、認知度100%です!

メディアビジネス学科 3年 大濱 洋志さん 山口県・宇部商業高校出身

公認プロジェクトB

太田川キレイキレイプロジェクト社会貢献

太田川清掃を通じて環境保全や地域活性の実現をめざす。
太田川の河川敷を主な活動拠点として、清掃を中心とした活動を行っています。最近では、定期清掃に加え、地域や他大学の学生との交流を目的としたイベントも数多く開催しています。地域の方々と太田川の素晴らしさやその環境保全について学び、今以上に太田川に愛着を持ってもらいたいと考えています。10年、20年後には太田川河川敷が美しく、にぎやかになることをめざして活動しています。

Leader's Voice

太田川の定期清掃のほか、年2回他大学と合同清掃イベントを主催しています。ゴミを拾うだけでなく、ミニゲームや自己紹介タイムを設けるなど、楽しく参加できる工夫を考えるのもプロジェクトの特徴。今年度は、定期清掃で出会った企業のご好意で、小中高校生に環境美化の啓発パネルを制作してもらう企画を進めることになりました。清掃はきれいになったことの気持ち良さもありますが、年々ゴミが減っているのを実感しており、利用される方の変化が感じられるのも「やっててよかった!」と思う瞬間です。

経済学科 3年 上野 祥太さん 広島県・神辺旭高校出身

学生FDプロジェクトその他

私たちが授業をより良くします!!
皆さん、もし私たちの大学で、自分が考えた授業が受講できるようになったら面白いと思いませんか?このプロジェクトならそれができます。実際に私たちは「スポーツで学ぶ共生力」と「広島とハワイで学ぼう!とびだせ国際人」という科目を興動館科目の中に立ち上げることができました。私たちのプロジェクトはこの学校の授業をより良くして、学生が授業を受講することが楽しくなることを目的として活動しています。更に、先生と大学の授業について直接話し合う座談会、授業だけではわからない先生の人間的な魅力を紹介する冊子の作製、そして他大学の学生との交流を通してお互いの大学を良くするための情報交換もしています。

Leader's Voice

授業での学びは大学生の間だからこそ得られる大切なもの。このプロジェクトで私達は学生達により主体的に授業に取り組んでもらうにはどうすればいいかを考えています。学生や教職員がより良い関係を築くための「しゃべり場」の開催や、他大学の学生達とディスカッションを行う「全国学生FDサミット」への参加では、積極的に発言することの大切さも学べます。授業を通じ、一人ひとりの学生が新しい発見を得ることができれば、それは素晴らしいことだと思います。

経済学科 3年 山田 僚太さん 広島県・廿日市西高校出身

動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト社会貢献

私たちは「人と動物がより豊かに共生する社会」を目指した活動を行っています。
広島県は犬・猫の殺処分数が2011年にワースト1位になったことがあります。私たちはこの現状を少しでも改善するために、イベント会場で保護された犬猫の現状をまとめたパネル展や、他団体とチャリティーイベントを行ったり、親睦を深め、情報共有を行うための企画を実施しています。また、直接動物と関わる活動として、広島市動物管理センターで保護されている犬猫のケアをするボランティアや、犬猫の譲渡会のサポートもしています。メンバーの中には動物と触れ合うことが苦手という人もいますが皆「自分にも何かできることがあれば!」という想いで日々活動しています。活動を通して命の尊さを実感することで、人と動物のよりよい共生社会を実現していきます。

Leader's Voice

小学生の頃、動物が殺処分される話を聞き、「どうしたらいいか」をずっと考えてきました。興動館ではやりたいことができると知り、プロジェクト立ち上げのために入学。最初は手探り状態でしたが、ボランティア団体と出会ってから、フラワーフェスティバル(広島市)での啓発活動やドッグカフェマップの制作など、活動の幅が広がりました。今年度はその団体が中学や高校で行っている出張授業をプロジェクトでも実施することが決定。今後は、今の活動をより充実させ、動物を幸せにできる活動をもっと増やしていきます。

経済学科 3年 梶田 寛登さん 広島県・広島工業高校出身

準公認プロジェクト

中高生の夢・笑顔実現!!プロジェクト社会貢献

新しい一歩を踏み出せる「きっかけ」に。
学校へ足が遠のいている子ども達やフリースクールに通っている生徒と一緒に、工作やクッキング、クリスマス会などのイベントを行い、イベントを通して自分自身を見つめ直す環境をつくり、夢や目標を持つことの大切さを一緒に学んでいます。また、2014年度からは地域の中学校のふれあい教室へ毎週訪問して、生徒たちと一緒に勉強したり、工作をしたりなどのコミュニケーションを通じて、教室へ戻れるような働きかけを行っています。これらの活動を通して、新しい一歩を踏み出せるような「きっかけ」を提供しています。そして、最終的に中高生達が「不登校を克服する」ことを目的に活動しています。

若旅促進プロジェクト地域活性

若者に旅行の魅力を伝えるため、私たちがオリジナルツアーを企画します!!
旅には自分自身を成長させる経験や学びなど、様々な魅力がありますが、近年は若者の旅離れが問題となっています。私たちは、若者にとって魅力的な旅行を考えるために、若者の旅への意識、旅行業の現状、自分達が興味を持った土地の文化や産業を調べています。そして、中国運輸局の方々と合同で、若者のニーズに合ったツアーを企画立案しています。2017年2月には旅行会社の方々に対し、ツアーの企画発表会を行いました。2017年度も実際に現地に行って体験し、私たちの知らない文化・歴史を自分の目で感じながら、それぞれのツアー実現に力を注ぎます。目標は、若者目線でツアーを考え、旅行会社と一緒に商品化を目指すことです。

サクセスストーリー出版プロジェクト社会貢献

サクセスストーリーを知り、人間力を解き明かす。
学生が取材や編集に取り組み、本を制作するプロジェクト。内容は、企業のトップリーダーへインタビューをし、社会で求められる力「人間力」を導き出すというもので、これまで広島の企業や全国の女性社長をテーマにした本、ユニークな社風を取り入れている企業を取材した本を出版しました。本のタイトルは、「社長の半生オレ反省」です。社長の半生に勇気づけられ、活動で様々な経験をすることがこのプロジェクトの魅力です。現在は、これまで出版した本の販売活動をしています。2016年3月には、4作目となる「おもてなし編」が完成しました。また、現在はインターネットショップ「Amazon」での販売も行っています。今年度は、5作目の製作に向けて取り組んでいきます。

食育推進プロジェクト社会貢献

学生のバランスのとれた食生活を目指す。
同世代の若者を対象に食育推進を目的とした活動を行っています。特に、若者の「食」に関する重要性や関心の度合いが薄れているという現状から、本学学生と広島市内の学生を対象にした和食料理教室や夏バテ予防の料理教室の開催、JA広島市の方と協力しながら安佐南区民まつりに参加し、地元の特産物を用いたメニューの販売をしたり、学生食堂とコラボレーションし、日替わりランチに魚メニューを提案するなど、「食」に対する意識の向上を目指してきました。また、広島市健康福祉局が主幹となって広島市内の大学生が主体的に行う「食育プロジェクト」に参加し、他大学の学生と交流しながら、「おいしい・楽しい・広島らしい食」をコンセプトに、若者たちに「広げる」取り組みを展開しました。今後も学生目線で様々な活動を行っていきます。

東北支援プロジェクト社会貢献

被災した方々のために、私たちにできること。
「東日本大震災で被災した方々に『笑顔』になってもらいたい」「自分たちに出来ることは何なのか」私たちは被災地の方々と連絡を取り合いながら、メンバー内で話し合いを重ねました。実際に被災した方々との話の中で、一番印象深かった言葉は「震災を忘れないでほしい」というものでした。2016年は、「震災遺構について自分自身の生命の大切さを考える」を1年間の目標に活動しました。夏休みに宮城県気仙沼市、南三陸町、石巻市を訪れ、メディアには出ていない現地の方の想いや現状を聞きました。小学校の授業や写真展などを通して、東北の方々の想いを広島で伝えています。

広島ハワイ文化交流プロジェクト国際交流

広島とハワイだから出来る新たな可能性を探して・・・。
私たちは、広島とハワイの歴史的なつながりを活かし、若い世代が新たなつながりを結ぶことで両地域の若者に世界へ一歩踏み出すきっかけを作ることを目的として活動しています。広島での活動は2015年9月にプロジェクトとして初めて広島の高校を訪問し、広島とハワイの歴史的つながりを伝えました。ハワイでの活動はハワイの専門学校「ハワイコミュニティーカレッジ」のシェフ養成コースの学生と一緒にお好み焼きを焼きました。そのイベントでの収益金で、彼らを広島に呼び、広島の食文化について学んでもらいます。今年度は昨年度の活動を継続しつつ、海外へさらに一歩踏み出すきっかけを作る活動と私たちが考えている、両地域に行き来できるツール、スタディ・ツアープログラムを活性化させていきます。

宮島の魅力を発信したい学生プロジェクト地域活性

若者の目線で宮島の隠れた魅力を発見・発信!
日本有数の観光地「宮島」での取材活動や冊子の発行、イベントの企画を通して、地域の人々と共に宮島の魅力を世界に発信する活動をしています。昨年度は、NPO団体と共に写真展を2度開催、宮島の名所とグルメを中心に冊子を作成し、観光客の皆さんに配布しました。年間400万人もの観光客が訪れる宮島には、世界遺産「嚴島神社」の他にも隠れた魅力が数多く存在しています。その魅力を「学生目線」「若者目線」で発掘・発信することで、若者を中心とした国内外の観光客に宮島を幅広く活用してもらい、楽しんでもらうことを目的としています。また日々の活動や新たな人との関わりを通して、学生自身の見解をひろげ、成長に繋げて行くことも目的の一つです。

入門プロジェクト

※現在進行中の入門プロジェクトはありません。

アニュアルレポート

1年間の活動を成果や課題・改善点などで振り返る、興動館プロジェクトの年次報告書です。
「興動館プロジェクトアニュアルレポート」は、プロジェクトの1年間の活動をまとめた年次報告書です。各プロジェクトが1年間の活動を振り返り、プロジェクトの活動実績・成果・課題・今後の改善をまとめるとともに、学生個人の人間力がどの程度伸長したかを示したデータを掲載し、学内外に興動館プロジェクトの概要や学生の人間的成長をご理解いただく、書類として作成しています。