寄付金募集

広島経済大学への寄付金は税法上の優遇措置が適用されます。

これまで、個人が学校法人へ寄付をした場合、「所得控除制度」が適用されていました。平成23年度の税制改正により、本学が公益特定増進法人としての認可を受け、「税額控除制度」の適用を受けることができるようになりました。「税額控除制度」は、これまでの「所得控除制度」と比べ、小口の寄付金支出者への減税効果が高いことが特徴です。
※詳しくは、国税庁または文部科学省のホームページでご確認ください。
国税庁 http://www.nta.go.jp/
文部科学省 http://www.mext.go.jp/

個人の場合

1.税額控除(平成23年1月1日より)
  所得税額 - (寄付金額(所得の40%が限度)- 2000円×40%)
  ※ただし所得税額の25%が上限
  寄付金額を基礎に算出した控除額を税率に関係なく、税額から直接控除するため、小口の寄附にも減税効果が大きくなります。

2.所得控除
  所得(課税所得)-(寄付金額(所得の40%が限度)- 2000円)
  所得控除を行った後に所得税率をかけるため、所得金額に対して寄付金額が大きい場合には減税効果が大きくなります。

法人の場合

本学への寄付金については、一般の寄付金の損金算入限度額と別枠で損金算入することができます。このほかにも「受配者指定寄付金」があり、税制の優遇措置を受けるためには、どちらかを選択する必要があります。
※詳しくは、国税庁または文部科学省のホームページでご確認ください。
国税庁 http://www.nta.go.jp/
文部科学省 http://www.mext.go.jp/

寄付金控除の手続

確定申告の際、大学の発行する「領収書」と「特定公益増進法人証明書」(写)または「税額控除に係る証明書」(写)(領収書と合わせて送付します)を添付書類として税務署にご提出ください。