成長が実感できる大学の4年間

広島経済大学は「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます

大学の授業は、高校とは違った。
世の中には、正解のない問題がたくさんある。
私なりの答えを見つけたい。学ぶって、案外面白いことなんだ。

学生の将来を本気で考えた、本学の教育プログラム
意欲的に学んで、可能性を広げてほしい。


これからの時代を生きる若者には、社会をたくましく生き抜く力が求められています。
本学では、その土台となる知識をしっかり習得できるよう、充実したカリキュラムを展開。
自ら学び、考える姿勢を育てる、厳しくも愛情ある教職員の指導。
学生が真剣に学びと向き合える環境を整え、4年間、しっかり鍛えます。

経済学は社会の扉を開く鍵

本学は、中・四国で唯一の経済系専門大学です。入門から基礎、発展、応用と、経済学の専門知識を段階的、かつ着実に身に付けられるカリキュラムは、専門大学だからこそ。また、実業界出身の教員が、ビジネス現場の事象や知識を教える授業も魅力的。理論と実践の両面から、経済学を学ぶことができます。

真のグローバル人材を育成する教養教育

英語力育成プログラム

毎日開講される英語授業(1年次)など、実践を重視した英語教育や、海外留学プログラムにより英語力を徹底的に鍛えます。

日本語教育

文章力は、社会人としてあらゆるコミュニケーションの場で必須のスキル。ビジネスで必要な、自分の考えを的確に伝えることができる文章表現力を鍛えます。

自己理解系科目

日本の歴史・文化への理解を深め、自分の言葉でその魅力を伝えることを目指します。

他者理解系科目

海外の歴史・文化などを理解し、広い視野でコミュニケーションできる力を伸ばします。

「体験」してみなければ、
わからないことがある。
僕はそれをカンボジアで感じた。

一歩を踏み出すことは、勇気のいることだ。
でもその挑戦が、君を必ず成長させる。


学年、学科の枠を越えて集い、仲間とともに何かを成し遂げる。学んだ知識は、実践を通じて誰かの役に立ててこそ、その価値を実感できる。「興動館教育プログラム」は、体験を通じた学びを重視する、本学独自のユニークな教育プログラムです。
教室を飛び出して、まずやってみよう。大事なのは「一歩踏み出すこと」。
夢に向かって挑む学生を、本気で応援します。

実践を重視した学びで「人間力」(社会人基礎力)を育てる

経済産業省の「社会人基礎力を育成する授業30選」に採択。10年以上の実績を持つ本学独自の教育プログラム

実践を通じて知識やスキルを身につける「興動館科目」と、まず行動することによって自らの成長につなげる「興動館プロジェクト」からなります。それらが相互に作用し合い、密度の濃い2つの学びを通じて、実社会で活躍するための「人間力」を養います。

12年間変わらない
企業の重視要素


企業が採用選考で重視した要素の調査結果では、「コミュニケーション能力」が12年連続1位となりました。さらに「主体性」「協調性」「チャレンジ精神」「誠実性」を合わせた上位5項目は、多くの企業で必要とされる社会人基礎力と言えます。

人前で話すのは苦手だからと、避けてきた。
でも、コツを学んで、何度も練習して、発表して。
最近少し、人前で話す自信がついてきた。

自分を表現するスキルを身につけ、伝わる喜びを知ってほしい。
そのためには人前に立つ経験を、何度も重ねることが大切。


少人数授業、アクティブラーニングを通じて、自己表現力・プレゼンテーション能力の開発を目指します。
本学では「人前で話す」機会がたくさん設けられています。
プレゼンテーションの技術を学び、準備をし、発表する。
何度も繰り返す中で、伝わる喜びを感じられるようになることでしょう。

充実した環境が成長に結びつく

「表現する力」を鍛えるプレゼンテーションコート

明徳館7階にある本格的な円形のプレゼンテーションコートは、最大100名規模のプレゼンテーションを行うことができます。またコートを2〜4つに分割することも可能。フロアに仕切りや壁がないので、他グループの話し合いの様子を見れ、内容を聞くことで、新しい刺激を受けることもできます。通りすがりの人をどれだけ惹きつけることができるか、あなたの「プレゼン能力」が試されます。

卒論を書くことには苦労した。
でも、先生はもっと大変だったはず。
先生の指導は厳しかったが、温かった。
この経験は、一生の思い出。

家族のように、成長を見守ってくれる人がいる。
時に見せる厳しさは、本気で力をつけてやりたいから。


本学では、少人数クラスのゼミナールが1年次から始まります。
担当の先生による、学びから大学生活までの幅広い親身なサポートが特徴。安心して大学生活を送ることができます。
4年次には、学びの集大成として卒業論文を作成。簡単には完成できません。
学生への愛があるから、先生の指導は厳しい。本気で学んだからこその、大きな達成感を感じてほしいのです。

1年次から始まるゼミナール

4年間の流れ

ゼミ活動で鍛えられる力

1年次:学ぶ方法や技術
2年次:プレゼンテーション力や企画力
3年次:研究に向けての基礎的な技法
4年次:専門知識、読解力、論理的思考力

4年間、ここでしっかりと学んだ。
仲間とともに、数えきれないほどの経験をした。
僕はもう、「ゼロから立ち上げる」興動人だ。
支えてくれた方々への感謝を胸に、世界へ羽ばたく。

卒業はゴールじゃない。人生は長い。
鍛えたのは、その先を自ら歩んでいくための力。


「広島経済大学に来て、本当に良かった」卒業式の日、そう言って多くの学生が巣立っていきます。
社会から求められる人材として活躍し、幸せな人生を歩んでほしい。
広島経済大学での学びを糧に、卒業生一人ひとりが、それぞれの世界に大きく羽ばたいてくれることを願っています。

「就職の広経大」と言われる理由

「オーダーメイド」で一人ひとりの多様な進路実現をサポート。

一人ひとりの能力、個性に合わせた「オーダーメイドの就職支援」を実施。自分自身や就業について深く理解した魅力ある人材として、毎年多くの学生を確かな実力をつけて、社会に送り出しています。

就職率

97.9%
(就職者/就職希望者×100)

進路状況把握率

100%

相談件数

431件

興動人Voice -学生の声-