興動館教育プログラム

実践を重視した2つの学びで、社会が求めている力「人間力」を育成します。

3つの輪

社会は「人間力」を持った人材を求めています。
興動館教育プログラムは、実践を通じて知識やスキルを身に付ける「興動館科目」と、まず行動することによって自らの成長につなげる「興動館プロジェクト」からなります。
それらが相互に作用し合い、密度の濃い2つの学びを通じて、実社会で活躍するための「人間力」を育てます。

広島経済大学では人間力を次のように定義しています。

(1)自分の心の壁を取り払い、自分をさらけ出すことができる勇気
(2)相手の心を推し量り、相手にうまく働きかけることができる能力
(3)個人の持つ諸能力や、人を引き付ける魅力を発揮して、「人と共に何かを成し遂げる力」

興動館教育プログラムへの評価

興動館教育プログラムは、平成20年・21年に経済産業省が公募した「体系的な社会人基礎力育成・評価システム開発・実証事業」に応募し、2年連続で採択されました。これを機に経済産業省が発表した「社会人基礎力」の定義を取り入れ、本学オリジナルの「人間力マップ」や「プログレスシート」を基に、学生の成長度を定量的に評価するシステムを構築し、運用を開始しています。

プログレスシート

プログレスシートとは、受講した興動館科目や興動館プロジェクト、インターンシップ等の活動の中でどのような行動や学習をしたのかを記録し、それをもとに評価するものです。学習やプロジェクトでの自己評価、他者評価、その成長の記録、プロジェクトでの役割やチームとしての成果などをまとめ、人間力(社会人基礎力)がどのくらい伸びたのかを自分と教職員、コーディネーターやプロジェクトメンバーとの面談を通じて評価するシートです。このプログレスシートの取り組みによって、知識を身に付けることはもちろん、企業や地域社会が必要としている人間力(社会人基礎力)を目標を持って養うことができます。また、このシートをこれまでの活動の振り返りや、今後のさらなる成長に向けて何を行うべきかを考える材料の1つとして活用します。
ここでは、興動館科目、興動館プロジェクトそれぞれの伸長度を掲載しています。

「社会人基礎力」とは・・・。

皆さんは「社会人基礎力」をご存知ですか?これは経済産業省が定義したもので、左図の3つの能力、12の要素のことをさします。社会人として、職場や地域社会で活躍するためには、これらの力が必要であると考えられています。本学では、興動館教育プログラムを通して、「社会人基礎力」を育てます。

興動館科目プログレスシート(2016)
興動館プロジェクトプログレスシート(2016)

興動館教育プログラムの拠点「興動館」

キャンパスに隣接した興動館は、興動人に必要な人間力を育むメイン施設です。館内には興動館科目が開講されるゼミ室や興動館プロジェクト専用のスペースを設置。プロジェクト、ゼミなどの活動の場として、学生や教職員は24時間利用できます(要申請)。
専任のスタッフ(6名)がサポートしています。

興動館

興動館教育プログラムのご案内2017

興動人Voice -学生の声-