学長挨拶

—すべては学生のために—
未来を創る力を備えた
「ゼロから立ち上げる」興動人を育成します。

小谷学長

本学は開学以来、社会の発展に貢献できる有為な人材の育成を目的として、教育の拡充を図ってきました。そして今、「社会に求められている人材とは何か」を徹底して追求し、育成しているのが「ゼロから立ち上げる」興動人です。

「ゼロから立ち上げる」興動人とは、既成概念にとらわれない斬新な発想と旺盛なチャレンジ精神を持ち、仲間と協働して何かを成し遂げることのできる力を備えた人材です。本学では、そうした人材を育成するために、「知識」、「人間力」、「プレゼンテーション能力」の3つの力を育てるプログラムを構築し、先進的な教育を行ってきました。
そして、本学学生がこのプログラムで自らを高めることができるように、施設面でも力強く後押ししています。知識を深める「図書館」、実践によって人間力を磨く「興動館」、開放的な空間のもと創造性と表現力を高めるアカデミック・コモンズ「明徳館」。これら3つの施設は相互に働きかけながら学生の成長を促します。

さらに、2019年度には経済学部の発展的改組を行い、経営学部とメディアビジネス学部を新設し、経済学部と合わせて3学部体制とする予定です。これにより、経済、経営、スポーツ、情報通信、メディアの専門知識を深く学び、現実のビジネスにつなげていくことのできる人材を育成する力が飛躍的に高まります。

仲間とともに学び、切磋琢磨していくことで、現代社会をたくましく生き抜いていくための揺るぎない実力を学生に身につけてもらいたい、その思いは本学の行動指針である「Be Student-oriented(すべては学生のために)」の言葉に凝縮され、全教職員が一丸となって学生をサポートしています。
ここ広島経済大学で自らの未来を創っていきませんか。
広島経済大学は、全力で、学ぶあなたを応援します。

広島経済大学 学長 小谷 幸生