令和3年度後期 資格・能力等表彰制度表彰式を行いました。

2/24/2022
学生の活動 明徳館

本学では、資格取得によって将来の可能性を広げたいという学生を支援するため、「資格・能力等表彰制度」を設けています。本学が指定している資格を取得した学生に対し年2回表彰を行い、資格に応じた表彰金を授与しています。

令和3年度後期は、2月17日に教授会に先立ち学長表彰(TOEIC700点以上、宅地建物取引士)を、翌2月18日には明徳館において学部長表彰(日商簿記検定2級、ITパスポート試験、文章読解・作成能力検定2級など)をそれぞれ行いました。

受賞者の森保大地さん(経済学部経営学科4年)は、本学の能力開発科目である「不動産実務法務」や資格学校でコツコツと勉強を続けた結果、国家資格である宅地建物取引士の資格を取得することができました。卒業後は希望していた不動産業界にも就職が決まっており、早速資格を活かすことができると、4月からの社会人生活に期待を膨らませていました。

今回、表彰されたみなさん、この成果を自信にして、さらなる上位資格をめざして頑張ってほしいと思います。

資格・能力等表彰制度 表彰者 資格一覧