「新入留学生ガイダンス」を実施しました。

4/2/2021
行事 明徳館 国際交流

4月1日(木)と2日(金)、明徳館ラーニングサポートコーナーにて新入留学生を対象としたガイダンスを実施しました。今年度は、中国や台湾、ベトナム、バングラディシュから15名の正規留学生が入学しました。

ガイダンスでは、国際教育交流センターのハラダセンター長と小柳係長から、授業や奨学金、大学生活での注意点などの説明があり、みんな真剣に耳を傾けていました。

ガイダンス終了後には、みんなで記念撮影を行いました。手に持っている袋にはお米が入っており、昨年12月に本学卒業生で帝釈郵便局局長の村上浩正さん(経済学科1997年3月卒)と、農業を営まれている沖田辰司さんのご厚意により、本学留学生に寄贈いただいたものです。

コロナ禍に負けることなく、笑顔で日本での生活を楽しんで欲しいと思います。