陸上競技部が第64回中国四国学生駅伝競走大会で優勝しました!

12/7/2020
受賞・表彰 学生の活動 サークル

12月6日(日)、山口市で開催された第64回中国四国学生駅伝競走大会において、陸上競技部が2年ぶり19度目の優勝を果たしました。
本大会には、オープン参加の3チームを含む14チームが出場。本学は1区大竹康平選手(経営学科4年)が1位発進した後、その勢いのまま2区以降も首位を譲らず、6区間すべて区間賞という走りを見せ、見事大会新記録で優勝ゴールテープを切りました。

大会新記録でゴールするアンカーの脇田選手

2区カランジャ ジョスファット選手(スポーツ経営学科1年)、4区河原洋太選手(スポーツ経営学科4年)、6区脇田怜司選手(スポーツ経営学科4年)の3選手が区間新記録を獲得、カランジャ ジョスファット選手は東川賞(MVP)にも選ばれました。

また、本学よりオープン出場したBチーム(山崎達哉・菊地大和・竹平奏太・高橋侑也・谷澤泰輝・横田吏功)も総合3位に食い込む素晴らしい走りで大会を盛り上げました。

福永恭平主将(スポーツ経営学科2年)は、「まずは、コロナ禍で大会を開催していただいた関係者の皆様、山口市の皆様、出場を許可くださった大学関係者の皆様へ感謝の気持ちでいっぱいです。昨年の悔しい結果から今年は絶対に勝つという強い気持ちで挑んだレース。全員が持っている力を発揮できチーム全体で勝ち取った優勝です。来年の出雲駅伝では全国の強豪校と戦える姿をお見せできるよう今後も精進します。」と喜びと感謝の気持ちを述べました。

優勝旗を受け取る3区福永主将
東川賞(MVP)を受賞した2区カランジャ ジョスファット選手

今大会の優勝により、来年10月に出雲市で開催される第33回出雲全日本大学選抜駅伝大会への推薦出場が決定しました。

陸上競技部の今後のさらなる活躍にご期待ください。


結果は以下のとおりです。

広島経済大学 優勝 2時間39分56秒 大会新
1区 大竹 康平(区間賞)経営学科4年
2区 カランジャ ジョスファット(区間賞・区間新・MVP)スポーツ経営学科1年
3区 福永 恭平(区間賞) スポーツ経営学科2年
4区 河原 洋太(区間賞・区間新) スポーツ経営学科4年
5区 斉藤 諒 (区間賞) 経済学科2年
6区 脇田 怜司(区間賞・区間新) スポーツ経営学科4年