太田川キレイキレイプロジェクトが「えーこじゃけん」一斉清掃を行いました。

11/30/2020
学生の活動 興動館

 11月28日(土)、太田川キレイキレイプロジェクトが「えーこじゃけん」一斉清掃を行いました。

 太田川キレイキレイプロジェクトは、太田川の清掃活動を通して、地域の方々へ憩いの場として楽しめる素晴らしさを伝え、若い世代に環境保全について考えてもらうきっかけ作りを目的とし活動しています。
 その中で、3年前に広島県内の大学の団体と協力し、大学連合『えーこじゃけん』を立ち上げました。これは、環境問題に取り組んでいる学生団体が集まり、若者が中心となって情報交換や清掃活動を行い、お互いの活動を共有することで、多くの地域の方々に自然の魅力を発信し、広島県を自然豊かな町にすることを目指しています。
 当日、本学を含む3大学約70名の参加がありました。大勢の参加者が集うことを避けるため、参加大学とは連携を取りながら同時刻にそれぞれの大学付近の太田川水系の河川敷を清掃し、SNSで実況を行いながら作業を進めていきました。活動に際しては、事前検温、マスク着用、ソーシャルディスタンスを心掛けるなど、感染症予防対策も徹底して行いました。
 オンラインでの閉会式では、初参加の大学から「思っている以上にごみが多くて驚きました。普段は川の清掃をする活動ではないので、良い機会になりました。」とコメントをいただきました。
 約2時間の清掃活動終了後、リーダーの赤瀬勇太さん(経済学科3年)は、「先輩たちが立ち上げた大学連合「えーこじゃけん」で、初めて交流を深める合同の清掃イベントを行うことができ、大変うれしく思いました。広島県内の大学間の関係をより深め、私達若い世代が環境保全を考え広められるよう頑張ります。」と話してくれました。

 今後も太田川キレイキレイプロジェクトの活躍にご期待ください。