動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクトがパネル展「Life~動物たちの命のパネル展」を行いました。

10/28/2020
学生の活動 興動館

10月14日(水)から10月27日(火)まで、動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクトが、6号館1階でパネル展「Life~動物たちの命のパネル展」を行いました。

動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクトは、現在、数字の上では殺処分ゼロを維持していながらも、動物愛護センターに保護される犬猫が後を絶たない現状から、まずは身近な家族や同世代の友人、地域の方々に「今私たちにできることは何か」を考えてもらうきっかけ作りを目的に活動しています。
今回のパネル展では、普段の活動の様子および、活動を通じて学んできた動物愛護に関する知識を本学の学生に紹介することを目的としており、動物センターでの活動の様子や「地域猫」、「ペットが迷子になったら」などのパネルを展示しました。

パネルを見学した吉岡将さん(経済学科1年)は、「これまであまり知る機会がなかった、動物たちが置かれている現状について知ることができました。」と話してくれました。

また、今回の企画を担当した川本瑞姫さん(経営学科3年)は、
「私たちがこれまでの活動を通じて見てきた動物愛護センターで保護されている犬や猫の現状や、養ってきた知識をまとめています。より多くの学生に動物愛護センターの動物たちの現状を知ってもらうことで、動物を飼う際に役立ててもらえたらと思います。」と話してくれました。


同プロジェクトは、次回も学内で行うパネル展に向けて、準備を進めています。
今後も動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクトの活動にご期待ください。