本学学生が「全国大学ビブリオバトル2019~首都決戦~」地区決戦で優勝しました。

11/8/2019
受賞・表彰 学生の活動 図書館

11月3日(日)、広島県情報プラザにおいて開催された「全国大学ビブリオバトル※2019~首都決戦~」地区決戦で、経済学部経済学科3年の末吉 祐貴さんが優勝しました。

末吉さんは、『毎年記憶を失う彼女の救い方』(望月拓海著)を紹介。本学での予選会の時よりもさらに磨きをかけた素晴らしいプレゼンテーションで観客の心を惹きつけ、広島県内の予選会を勝ち進んできた8名の学生たちが紹介した本の中から見事チャンプ本に選ばれました。

これから末吉さんは、12月22日(日)に東京よみうり大手町ホールで開催される本選に臨み、全国各地から勝ち上がった学生たちと競います。

末吉さん、おめでとうございます。全国大会でも活躍を期待しています。

※ビブリオバトルとは?

ビブリオバトルは誰でもできる本の紹介コミュニケーションゲームです。
<公式ルール>
1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2.順番に一人5分間で本を紹介する。
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

関連情報