本学陸上競技部が第73回中国四国学生陸上競技対校選手権大会において2種目で優勝しました。

5/23/2019
受賞・表彰 学生の活動 サークル

令和元年5月17日(金)~19日(日)に岡山県総合グラウンド陸上競技場にて開催された第73回中国四国学生陸上競技対校選手権大会において、本学陸上競技部でスポーツ経営学科1年の藤原めいさん(広島・西条農業高等学校出身)が400mハードルで優勝しました。

表彰式で笑顔を見せる藤原めい(中央)さん

女子400mハードルで優勝した藤原さんは、予選タイム61秒94で通過し、決勝では60秒24とさらにタイムを縮めての優勝となりました。
今大会の優勝により、9月に岐阜市において行われる天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会への出場が決定しました。

優勝した木邑さん(中央)

また、男子5000mに出場した本学陸上競技部でスポーツ経営学科4年の木邑駿さん(岡山・倉敷高等学校出身)も、14分41秒98という好タイムで優勝を飾りました。木邑さんも同じく全国大会への出場権を獲得しています。

さらに、以下の学生たちも、参加標準記録をクリアし、全国大会への出場を決めました。
  • スポーツ経営学科4年 濱松海斗さん(愛媛・三瓶高等学校出身) 男子800m
  • 経営学科3年 大竹康平さん(岡山・倉敷商業高等学校出身) 男子1500m
  • スポーツ経営学科1年 山崎優希さん(兵庫・東播工業高等学校出身) 男子800m
おめでとうございます。
陸上競技部の今後のさらなる活躍を期待しています。

関連情報