メディアビジネス学科 宮地ゼミが近畿大学法学部 森山ゼミと学術交流研究発表会を行いました。

2/1/2019
教育・研究 学生の活動

1月23日、近畿大学法学部東大阪本部キャンパスにおいて、本学メディアビジネス学科の宮地ゼミの学生たちが近畿大学法学部森山ゼミと学術交流研究発表会を行いました。

開催テーマは「メディア情報学・言語文化学の国際的視座における認知研究の最前線」。「言語」と「デザイン」をテーマに、森山ゼミと宮地ゼミの学生がお互いの日々の研究について発表を行い、学術的交流を推進することを目的として開催されました。
当日は宮地准教授による「広告とデザインについて」の講演ののち、ゼミ生の3グループが、広告・SNS・Webそれぞれの現状と考察について研究発表をしました。

その後は近畿大学法学部 森山智浩准教授による「認知言語学的視座における人間言語文化と民族言語文化」のミニ講義、森山ゼミの学生による研究発表と質疑応答、キャンパスツアーや交流会によって懇親を深めました。

今回、研究発表した宮地ゼミの学生たちは現在2年生。他大学、他学部の発表を聞くなかで「他大学の学生を知ることで学習意欲が向上した」「発表におけるプレゼンテーション能力の高さや質問内容のレベルの高さ」「研究発表会を学生が主体的に運営していた」など、多くの発見があり、大いに刺激を受けたようです。

宮地ゼミをはじめ、本学の学生たちの今後ますますの成長にご期待ください。

関連情報