2018年度日本語学校留学生対象大学体験入学会を実施しました

10/9/2018
行事 国際交流

2018年10月3日(水)、広島経済大学は日本語学校の生徒を対象に体験入学会を実施しました。本体験入学会はこの度で3回目となり、参加者に授業聴講および学内見学を通して大学生活の雰囲気を実際に感じてもらうことを意図しています。

今年はIGL医療福祉、広島YMCA、福山国際外語、岡山外語学院の計4校から30名を超える生徒の方が参加しました。
まずは国際教育交流センターの職員が開会の挨拶および本学の全般的な紹介、2019年度留学生入試の簡易的な説明をしました。

続いて、本学で勉強をしている先輩留学生に来てもらい、実際の学生生活について述べてもらいました。

また、大学といえば、講義があります。参加生徒たちにより現実的な大学生体験をしてもらうため、本学国際教育交流センター長であるジョージ R.ハラダ教授に体験授業もしてもらいました。

体験授業後、本学教職員ならびに先輩留学生の案内により、学内施設の見学を経て最後は先輩留学生との昼食会を行いました。学食の雰囲気も体験してもらいつつ、参加生徒のみなさんは先輩留学生たちとの会話に盛り上がり、しっかりと大学生活の事情について情報を共有してもらったようです。

本学の雰囲気を実際に目でみて体験してもらい、気に入ってもらえたのなら何よりですし、来年参加生徒の皆さんに再会できることを願っています。