新型コロナウイルス感染症対策に伴う2021年度入学試験の対応について

7/27/2020
お知らせ 入試

2021年度入学試験では、大学入学共通テストをはじめとして入試制度が大きく変わるうえに、新型コロナウイルス感染症によるさまざまな影響で、受験生をはじめとして、保護者のみなさま、高等学校教員のみなさまにおかれましては、大きな不安を抱えておられると思います。
6月19日に文部科学省から公表されました「令和3年度大学入学者選抜実施要項について(通知)」において、新型コロナウイルス感染症対策に伴う入学試験に関する配慮等につきまして、全国の大学へ要請があり、本学では、以下のように対応することにいたしましたので、お知らせします。

1.「総合型選抜」の出願までの流れとスケジュール変更について

主な変更点 (7/10公表済み情報、再掲載)

  • オープンキャンパスでの一次面談のエントリー受付を、Web限定での受付に変更します。
  • オープンキャンパス等において本学で実施していました、「全体説明」と「一次面談」につきまして、「全体説明」はオフィシャルサイト内での動画配信に変更します。また「一次面談」は専用フォームでの受付に変更します。専用のフォームと総合型選抜要項一式(出願書類等)はエントリー完了者に送付します。
  • 出願期間と選考期間(小論文・二次面談)を2週間後ろ倒しの日程に変更します。それに伴い、エントリー期間を2週間延長します。

受験までの流れ(変更後)

2.中止・延期等となった大会等への対応【学校推薦型選抜(特別推薦)】

※学校推薦型選抜(特別推薦)スポーツ分野の出願資格 第3項を以下のように緩和します(赤色下線)。

次に示すスポーツ活動種目において、正選手(当該大会において登録された者)として出場し、個人競技、団体競技において、本大会の代替大会を含む都道府県大会ベスト8以上の成績をあげた者。ただし、都道府県大会には、国公立又は私立高校のみの大会、都道府県の市・郡に相当する大会及び第1学年のみ又は第2学年のみが出場する大会は含まない。

※高体連・高野連登録競技のうち、本学にクラブの設置がある競技等
硬式野球、サッカー、バスケットボール、バドミントン、陸上競技、バレーボール、硬式テニス、ソフトテニス、卓球、弓道、ハンドボール、剣道、水泳(競泳)、柔道、空手道、軟式野球、アーチェリー、ボクシング、ソフトボール、応援団(チアリーディング、吹奏楽)(以上、19競技1団体)

3.新型コロナウイルス罹患者への受験機会の確保【一般選抜・共通テスト利用選抜】

新型コロナウイルス感染症等に罹患した入学志願者の受験機会を確保するため、一般選抜1期および共通テスト利用選抜1期を受験できなかった場合、追加の受験料を徴収せずに、一般選抜2期および共通テスト利用選抜2期への受験の振替を行います。
ただし、一般選抜、共通テスト利用選抜ともに、1期と2期とは選考科目数が異なります。

4.新型コロナウイルス感染症の影響に伴う学業の遅れへの出題範囲の配慮【一般選抜】

一般選抜の出題範囲等に関し、高等学校第3学年でも履修することの多い科目(世界史B、日本史B、地理B、政治・経済)の個別学力検査において、教科書において「発展的な学習内容」として記載されている内容から出題しない、あるいは出題する場合においても、設問中に補足事項等を記載するなど、特定の入学志願者が不利にならない設問とします。