全日本ジムカーナ選手権のPR動画を本学学生が制作します

5/10/2019
プレスリリース

メディアビジネス学科の学生が、『2019年全日本ジムカーナ選手権第4戦広島マツダカップin TAMADA』の撮影を行い、PR動画を制作することになりました。
ジムカーナは、舗装路に競技会毎に異なるコースを設定し、競技車両が1台ずつ約1分半前後のコースを2回走行。速い方のタイムで順位を競うモータースポーツです。年間200以上開催されるジムカーナ競技会の頂点である全日本ジムカーナ選手権は全国10箇所の会場で開催され、中国地区会場は今年も広島市内で開催します。
令和初の全日本頂点を競う、全国の競合選手たちの白熱した走りを多くの方に伝えたいという依頼を受け、本学メディアビジネス学科の学生8名(3年次生6名、2年次生2名)が、下記のとおり制作に取り組みます。
学生らが所属するゼミは、株式会社博報堂で、CM制作や広告、ブランディングなどを手がけていた北野尚人教授が担当教員で、主に広告や商品開発などを通じた実践的なマーケティングを研究しています。



日付: 令和元年5月12日(日)
場所: スポーツランドTAMADA(広島市安佐北区大林町2137-2)
詳細URL:http://www.sl-tamada.com/zennihon/tophp2019.htm

以上