総合型選抜学部入試情報

  • 本学の興動館教育プログラムに興味・関心があり、入学後は興動館プロジェクトで自らリーダーシップをもって積極的に活動できる人を対象としています。
  • 自己推薦型の入学試験です。

募集人員

経済学部(経済学科)・経営学部(経営学科・スポーツ経営学科)・メディアビジネス学部(ビジネス情報学科・メディアビジネス学科) ○20名

出願資格

本学の興動館教育プログラム(興動館科目・興動館プロジェクト)に興味・関心を持ち、かつ合格の上は必ず入学し、入学後は興動館教育プログラムに積極的に取り組み、自らリーダーシップをもってプロジェクトの活性化に貢献でき、次の各号のいずれか一つの基準に該当する者で、調査書の学習成績の状況(評定平均値)(2020年度1学期又は前期まで)が3.0以上の者。
※ 入学後は、興動館プロジェクトに参加することが必要となります。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者及び2021年3月高等学校もしくは中等教育学校を卒業見込みの者。
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び2021年3月修了見込みの者。
  3. 学校教育法施行規則第150条第1号※1、第2号※2、第3号※3により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び2021年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
 

※1:外国において学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
※2:文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
※3:専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。

<!>出願までの流れとスケジュールを変更しています。

※変更点は赤字で記しています。
※詳細はこちらをご確認ください。→変更点PDF

試験日程

エントリー期間 2020年6月14日(日)~9月6日(日)
全体説明 公式サイト上の動画を視聴(配信期間 7月25日(土)~9月16日(木))
一次面談 専用のフォームを返信(受付期間 7月27日(月)~9月16日(木))
※専用のフォームは7月27日以降にエントリー完了者に送信します。
出願期間 2020年9月15日(火)~9月28日(月) 【締切日消印有効】
小論文・二次面談 2020年10月9日(金)~10月19日(月)のうち、いずれか1日(土日除く)
小論文・面談会場 ●広島:広島経済大学
合格発表日 2020年11月2日(月) 午後5時
入学金・授業料等
納入締切日
●入学金納入締切日:2020年11月10日(火)
●授業料等納入締切日:2021年3月2日(火)
 
出願書類 ①志願票 ②写真票 ③調査書 ④総合型選抜用志願者調書 ⑤総合型選抜用自己推薦書
選考方法 書類審査、小論文、二次面談の総合評価
検定料 30,000円
合格発表 ①合格発表日に、合格者あてに合格通知書、学校長あてに合否結果を発送します。
②オフィシャルサイトでも合否結果が確認できます。www.hue.ac.jp
 

総合型選抜の流れ

エントリー

6月14日(日)~9月6日(日)
※web限定で受け付けます。オープンキャンパスでの受付は中止しました。

 パソコン、またはスマートフォンからエントリーができます。

総合型選抜エントリーフォーム

全体説明

総合型選抜(旧AO入試)について、求められる学生像や、興動館教育プログラムについて、説明しています。総合型選抜に興味がある方は必見です!
エントリー済みの方も、そうでない方も、ぜひご視聴ください。

Webオープンキャンパスでは、総合型選抜入学生や興動館プロジェクト活動学生からのメッセージもあります。

一次面談

専用のフォームを使って実施します。フォームは、7月27日以降にエントリー完了者に送付します。
※事前に全体説明の動画を視聴した上でフォームを返信してください。


求める人材像と興動館教育プログラムについて、理解を深めてもらいます。
必ず出願前に疑問のない状態にしてください。
質問があれば遠慮なく、質問用のフォームで質問してください。

ここまでは検定料は必要ありません

出願

9月15日(火)~9月28日(月)
検定料が必要になります

インターネット出願サイトにアクセスし、入力画面にしたがって出願手続きを行ってください。
総合型選抜の出願書類には、志願票、写真票、調査書のほかに総合型選抜用志願者調書、総合型選抜用自己推薦書があります。7月27日以降にエントリー完了者に郵送します。自己推薦書には自己PR、興動館プロジェクトでやってみたいこと、卒業後の目標や進路などをまとめていただきます。
また、送付する受験票にて二次面談日をお知らせします。

小論文・二次面談

10月9日(金)~10月19日(月)
のうち、いずれか1日

本学において、小論文・二次面談を行います。

合格発表日

11月2日(月) 午後5時

詳しくは、総合型選抜要項をご覧ください。

入学前プログラムについて

合格者には、入学後、速やかに興動館プロジェクトに参加できるよう、合格発表から入学までの期間を利用して、事前学習やセミナー参加などの入学前プログラムがあります。内容や日時等の詳細につきましては、合格発表後に、別途お知らせします。また、これらは総合型選抜合格者のみを対象とした特別プログラムです。総合型選抜・学校推薦型選抜合格者対象の入学前学習プログラムとは別のプログラムで、総合型選抜合格者は両方のプログラムへの参加が必須となります。

Q&A 総合型選抜について

入学後は興動館プロジェクトに参加しないといけないのですか。
はい。入学後は興動館プロジェクトに必ず参加してください。 総合型選抜で求める学生像は次の3つです。「興動館教育プログラムに興味・関心がある人」「入学後は必ず興動館教育プログラムに積極的に取り組む人」「リーダーシップを発揮し、プロジェクトを活性化できる人」
既存の興動館プロジェクトには興味がないのですが、受験は可能でしょうか。
新規のプロジェクトを立ち上げることができるので、立ち上げたいという思いがあれば受験することは可能です。
入学後は興動館科目を履修しないといけないのですか。
興動館科目も積極的に履修してください。
二次面談までに準備するべきことはありますか。
なぜ総合型選抜で受験したいのかということを、しっかり整理しておいてください。
二次面談での小論文は、どのような形式ですか。
 試験の当日に発表する課題について、文章を書いてもらいます。時間は60分で、文字数は300~600字程度です。なお、過去問題は公表していません。
小論文・二次面談日は、どのように決まりますか。
 二次面談日は、出願後に大学側で決定し、受験票にて通知します。1日に面談できる人数には制限がありますので、期間内はいつでも面談できるように、スケジュールを調整しておいてください。小論文は二次面談と同じ日に行います。
なお、当日は新型コロナウイルス感染症対策について、皆さんの安全のための対策を徹底いたします。受験生の皆さんにも協力いただく点について、受験票内に記載する予定です。ご協力をお願いします。
プロジェクト活動とは、具体的にはどのようなことをするのでしょうか。
 詳細については、興動館パンフレット「興動館教育プログラムのご案内2020」を確認してください。
https://www.hue.ac.jp/manabi/koudoukan-pg/index.html
プロジェクト活動は単位認定されますか。
 プロジェクト活動は正課外なので、単位認定はされません。一方、興動館科目は単位認定されます。
プロジェクトの活動頻度はどのくらいですか。
 各プロジェクト週1~2回程度会議を行っています。事業活動の頻度はプロジェクトによって異なります。
同時に複数のプロジェクトに参加することはできますか。
 参加することはできますが、活動時間が重なることが予想されるので、複数参加は推奨していません。
参加しているプロジェクトから、別プロジェクトへ移籍することはできますか。
 移籍することはできます。その場合は残されるメンバーへの配慮を忘れないようにしましょう。なお、参加プロジェクトの決定は、事前に先輩達や興動館の職員に話を聞き、活動内容をしっかり調べてからにしてください。
新規でプロジェクトを立ち上げたい場合、どのようなサポートがありますか。
 専任の職員が相談やアドバイスを行っています。また、立ち上げガイダンスやプロジェクト申請書の作成指導も行っています。
プロジェクト活動と学業やアルバイトは両立できますか。
 プロジェクト活動と学業やアルバイトを両立している学生はたくさんいます。ただし、まずは学業を最優先してください。
総合型選抜入学者はクラブ活動や学外の活動との両立はできますか。
活動時間が重なり、どちらとも中途半端な活動しかできなくなることが予想されます。クラブ活動や学外の活動との両立は推奨していません。 
プロジェクト研修会ではどのようなことを学ぶのでしょうか。
 リーダーシップを身につけるための様々なワークショップを行うほか、コミュニケーション術や会議の進行術など、実践的なスキルを学びます。
地域や企業の方と連携することはあるのですか。
 興動館プロジェクト活動の特徴は社会と密接に関わることです。地域の方々や企業のほか、他大学とも連携します。
海外系プロジェクトに興味があります。英語に自信がなくても現地に渡航することはできますか。
 渡航することはできます。英語が話せるようになると、現地での活動をさらに充実させることができます。帰国後、本格的に英会話などの学習に取り組む先輩たちもいます。
入学前の事前学習について教えてください。
 あらかじめ設定されたテーマについて企画案を作成してもらいます。なお、作成した企画案は総合型選抜入学者対象の入学前スクーリング(12月)で発表してもらいます。
総合型選抜者対象入学前セミナーの具体的なスケジュールを教えてください。
 3月の中旬に2泊3日で行います。そこで、総合選抜型入学者として必要なスキルや心構えを身につけるために、グループワークを通して人間関係トレーニングや企画づくりの方法について学びます。
総合型選抜入学者の入学後プログラムはどのくらいの頻度で実施されますか。
 総合型選抜入学者を対象としたガイダンスが1年次の4月上旬に1回、プロジェクト研修会が年2回(7月、2月)実施されます。
入学後のプログラムの具体的な内容を教えてください。
 プロジェクト研修会(年2回)に必須で参加するほか、オープンキャンパスなど各種学内イベントの企画運営にも積極的に関わります。また、学外で行われる研修会、スタディツアーに優先的に参加することができます。

DATA 過去2年間の状況

2019年度

  経済 経営 ビジネス情報 メディアビジネス 合計
募集人員 20 20
志願者 16 17 3 1 37
受験者 16 17 3 1 37
合格者 3 4 1 0 8
競争率 4.6 -

2020年度

  経済 経営 スポーツ経営 ビジネス情報 メディアビジネス 合計
募集人員 20 20
志願者 10 11 11 4 10 46
受験者 9 11 11 4 10 45
合格者 0 1 4 1 3 9
競争率 5.0 -