「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 詳細

本学4年 尾仲祐哉投手がプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で横浜DeNAベイスターズから指名を受けました。

2016.10.21

平成28年10月20日(木)におこなわれたドラフト会議において、広島経済大学経済学科4年の尾仲 祐哉(おなか ゆうや)投手が、横浜DeNAベイスターズから6巡目に指名を受けました。

これにより、開学以来5人目のプロ野球選手が誕生することになります。

尾仲 祐哉 投手(左)と広島経済大学野球部 堤 裕次 監督(右)

同日、図書館大会議室にて記者会見をおこない、インタビューボードの前に姿を見せた尾仲投手は緊張を隠せない面持ちでしたが、感謝と喜びとこれからの抱負を力強く語ってくれました。

記者会見後、野球場で待つ仲間たちの元に報告に出向いた尾仲投手を、喜びの喝采で迎え入れた野球部員たち。
胴上げや記念撮影にと、仲間たちに囲まれた尾仲投手は、やっと緊張がほぐれたのか、笑顔を見せて喜びを分かち合いました。

慣れ親しんだマウンドでは、プレーを見守り続けてきた応援団団員によるエールが贈られ、周りの人たちの目にも涙を誘いました。

広島経済大学は、尾仲投手のさらなる飛躍を心から願い応援しています。

皆さま、これからも応援のほど、よろしくお願いします。




願書・資料請求 お問い合わせ よくあるご質問 交通アクセス