「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 詳細

インドネシア国際貢献プロジェクトが現地での活動を終えて無事帰国しました。

2015.03.20

インドネシア国際貢献プロジェクトが現地での活動を終えて無事帰国しました。

インドネシア国際貢献プロジェクトが、3月4日(水)から3月19日(木)までインドネシアのジョグジャカルタで行った活動を終え、無事帰国しました。
現在、インドネシア国際貢献プロジェクトは、2013年からジョグジャカルタで最も貧しいと言われているグヌンキドゥル地域のムンドン村に住む方々の生活を向上させることを目標に、本学の姉妹校のガジャ・マダ大学の学生と連携してフェアトレード活動を行っています。
今回の渡航では、伝統的な布(テヌンルーリック)を使用した商品の技術指導をムンドンの村の方を対象にして現地企業と一緒に行うことや、テヌンルーリックを安定的に生産できる工場の建設について提案、本プロジェクトが帰国した後も継続的な支援ができるように、国立ガジャ・マダ大学の学友会に現地インドネシア人学生で構成するチームの結成について打ち合わせ、現地で本プロジェクトが創ったオリジナル商品を販売してのマーケティング活動、ムンドン村に住む方との信頼関係を築くためのお祭りを開催しました。
この度の渡航で仕入れたオリジナル商品を日本でも販売し、得た利益をグヌンキドゥルに住む方々に還元していきます。
今後のインドネシア国際貢献プロジェクトの活躍にご期待ください。




願書・資料請求 お問い合わせ よくあるご質問 交通アクセス