「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 採択事業 > 戦略的大学連携支援事業

戦略的大学連携支援事業/採択事業/広島経済大学

高大連携による過疎地域の人材育成及びICカードを活用したひろしまカレッジ

 文部科学省が推進する平成20年度「戦略的大学連携支援事業」※に、広島経済大学(以下、本学)が代表校として申請しておりました「高大連携による過疎地域の人材育成及びICカードを活用したひろしまカレッジ」が採択されました。
 本取り組みは、教育ネットワーク中国に加盟する広島県・島根県の18国公私立大学・短大で連携し、過疎地域の高校を対象とした出前講座や遠隔授業の提供と、ICカード受講証を活用した生涯学習講座の提供に取り組んでいこうというものです。




文部科学省「戦略的連携支援事業」とは?

※ 「戦略的大学連携支援事業」は、国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、当該地域の知の拠点として、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、大学運営基盤の強化等を図ることを目的としています。
(文部科学省ホームページより抜粋)
文部科学省「戦略的大学連携支援事業」ホームページはこちら