食育推進プロジェクトが学生食堂「ジョイア」とコラボレーションし、食育メニューを販売しました。

6/20/2017
学生の活動 興動館
食券を購入する学生たち

 6月19日(月)本学学生食堂「ジョイア(学生会館リブレ5階)」において、食育推進プロジェクトがジョイアと共同開発した食育メニューを提供しました。
 この取り組みは、肉中心の食生活になりがちな学生を対象に、野菜や魚中心のメニューを提供することで、学生が自主的に野菜・魚を意識した食生活をするきっかけをつくることを目的として開催しています。食育の日である本日、プロジェクトメンバーたちが栄養素や量などを本学管理栄養士と相談しながら考案した「カレー風味アジのチーズ焼き」と「春雨サラダ」を日替わりランチメニューとして販売しました。
 プロジェクトメンバーが考案した食育メニューを食べた学生からは「ボリュームがあり美味しかった」などといった声が聞かれ、55食の注文がありました。
 次回の食育メニューは、7月19日(水)「山の上10番地食堂」で販売します。現在、山の上10番地食堂と、広島をテーマに野菜を多く取り入れたメニューを共同で開発中です。
 今後も食育推進プロジェクトの活動にご期待ください。

今回の食育メニュー
食育メニューを食べる学生