全国大会に出場する陸上競技部、空手道部の壮行会を挙行しました

6/14/2018
学生の活動 行事 サークル

6月13日(水)、図書館前において、2018日本学生陸上競技個人選手権大会に出場する陸上競技部と、第62回全日本学生空手道選手権大会に出場する空手道部の壮行会を挙行しました。

まず、小谷学長より激励の言葉が贈られたのち、横田体育局長から激励の言葉、及び、石田理事長をはじめ学生より熱いメッセージが書かれた寄せ書きを授与されました。

陸上競技部を代表し、木邑 駿さん(スポーツ経営学科3年)は「関係者の皆様にこの場を借りてお礼を伝えさせていただくと共に、毎日一緒に練習してきたメンバーの分も含め、一生懸命頑張ってきます。」、また、空手道部を代表し、惠藤 勇也さん(経済学科2年)は「これまでお世話になった関係者の方々に感謝し、毎日の練習の成果を十分に発揮できるよう、頑張ります。」とそれぞれ抱負を語ってくれました。

最後に、応援団より気持ちのこもったエールが贈られました。

【出場者】
 陸上競技部
  大下 浩平(大学院2年)、石本 惣一朗(大学院1年)、古谷 龍斗(スポーツ経営学科4年)、
  木邑 駿(スポーツ経営学科3年)、濱松 海斗(スポーツ経営学科3年)、大竹康平(経営学科2年)
 空手道部 
  惠藤 勇也(経済学科2年)、尾加 賢之朗(経済学科2年)

小谷学長より激励の言葉

横田体育局長より激励の言葉

陸上競技部 木邑 駿さんの挨拶

空手道部 惠藤 勇也さんの挨拶

応援団によるエール