大学ブランド・イメージ調査(2019-2020)中国・四国編で、本学が[中国]総合4位、「躍動感」因子では首位を獲得しました。

12/3/2019
ピックアップ

株式会社日経BPコンサルティングが11月27日に発表した「大学ブランド・イメージ調査(2019-2020)」の調査報告書において、「中国・四国編(59校対象)」の[中国]大学ブランド総合力ランキング(ビジネスパーソンベース)で本学が4位にランクインしました。
前回の11位からの大幅アップで、[中国・四国編]大学ブランド総合力上昇ランキングでは3位となっています。
また、調査した49項目のイメージを因子分析によって関連性の高いイメージ群にグループ分けした6つの因子のうち、「躍動感」因子において本学がトップを獲得しました。

「躍動感」因子を構成する11のイメージ項目のうち、本学は「自由闊達である」「面白みがある」の2項目でトップとなっており、報告書では本学の取り組みの一つである「興動館教育プログラム」などが例示され、個性的な教育を行っている結果と考えられる、と評価されています。

本学は、これからも地域に愛される大学として、愛情ある厳しさで学生たちを鍛え、地域に貢献できる人材を輩出していきたいと思います。

※本記事は、株式会社日経BPコンサルティングの許諾を得て掲載しています。

関連情報