コミュニティFM放送局運営プロジェクトがFM ハムスター開局10 周年を記念して9 時間生放送を実施しました。

10/1/2019
学生の活動 興動館

9 月20 日(金)に、興動館プロジェクトの一つ「コミュニティFM放送局運営プロジェクト」が、FM ハムスター開局10 周年を記念して、9 時間生放送に挑戦する特別企画を実施しました。

この企画は、プロジェクトメンバーの2年生を中心に企画・実施されたもので、学生たちは数カ月間、この特番に向けた会議を重ねてきました。

地域に愛され、信頼される放送局を目指す学生たちは、この特番でも、地域の隠れた名店を取材して紹介したり、おりづるで社会貢献をしている団体の話を聞きに行ったりと、地域団体と連携して地域の情報を中心に発信していました。

また、同じく興動館プロジェクトの一つ「地域発信プロジェクト」がおススメする地元祇園の「きくらげ」を使った餃子を食べ比べて食レポする、といった他のプロジェクトとのコラボレーションもあり、多くの学生が関わり共に作り上げる9時間生放送となりました。

今回の特別企画のリーダーを務めたメディアビジネス学科2年前田薫奈さんは、「今回初めて9時間生放送を2年生主体で実施してみて、イベントを運営する難しさや放送事故なく終えた喜びなど、普段味わえない感情を抱くことができました。今回のイベントを通して、どのようにしたら私たちFMハムスターが今よりも地域に根付いたものになるかなど、メンバー全員が深く考えるきっかけになりました。そして、メンバー一人ひとりの成長につながるイベントであり、この放送局が発展する大きな一歩にもなったと思います。関係者の方々、リスナーの皆様には感謝しかありません。本当にありがとうございました。」と無事番組を終えた感想を語ってくれました。

広島経済大学内にあるサテライト型のラジオブース

コミュニティFM放送局「FMハムスター」は、今後も地域に愛され、信頼される放送局を目指して頑張りますので、今後ともご愛聴のほどよろしくお願いします。