興動館プロジェクト応急救護講習会を開催しました。

6/28/2019
学生の活動 興動館

6月27日(木)、明徳館1階明徳ホールにおいて、興動館プロジェクト応急救護講習会を開催しました。
この取り組みは、保健室と興動館の共催で、現在活動中の18プロジェクトを対象に、活動や主催イベントにおいてプロジェクトメンバーや参加者に不測の事態(負傷病気等)が起きた際に適切な対応ができるようになることを目的に開催しました。
参加した33名の学生たちは、これまでに経験した身近な事故やけがなどのリスクについて話し合った後、保健室の職員から過呼吸、てんかん、受傷時の止血、鼻血、熱中症、頭部打撲時などさまざまな応急救護対処法について学びました。講習会後半は、実践編としてAEDを使用しながら全員が心肺蘇生行うことに加え、急病人が発生したときに必要な周囲の人との連携も体験しました。実践後はフィードバックを行い、参加者全員で不測の事態発生時の適切な対応について学びを共有しました。
参加した学生からは「様々なリスクに対する応急処置について学べた」、「自分が知っていた応急処置の仕方がいくつか違っていたことに気づいた」、「AEDの使用や心肺蘇生を実際に経験したことがなかったので、この機会に覚えておこうと思った」などの声があり、多くの気づきや学びがありました。
今後も興動館プロジェクトの活動にご期待ください。