平成30年度「スポーツビジネス演習」企業研修成果報告会を開催しました。

1/24/2019
社会・地域 教育・研究 学生の活動 明徳館 進路・就職

1月22日、明徳館10階ラーニング&ディスカッションルームにおいて、スポーツビジネス演習を受講した学生たちによる「企業研修成果報告会」が実施されました。
これはスポーツ経営学科の授業の一環で、今夏にスポーツ関連企業へのインターンシップに取り組んだ学生たちが、お世話になった研修受け入れ企業の方々をお招きし、自分たちが研修で得た成果を発表するものです。

今年度も株式会社サンフレッチェ広島やミズノ株式会社のほか、公益財団法人広島市スポーツ協会や株式会社体育社など、様々なスポーツ関連企業への研修に18名の学生が参加させていただきました。
今回の報告会では、その中から9名の学生が代表して研修内容や成果、新たに発見した自分の課題、目標などを報告しました。

報告会の運営は、当日の準備から受付、司会、運営委員長挨拶まで全てがスポーツ経営学科の学生たちの手によってなされており、発表しない学生たちもそれぞれの役割を全うしました。

報告会に参加してくださった研修受け入れ企業の方々からも、研修期間中の学生たちの様子について暖かいコメントをいただき、今回の研修が学生たちにとって大変貴重な経験になったことを垣間見ることができました。
今後の大学生活や進路選択において、十分に活かしてくれればと願っています。

最後に、この度の研修にご協力いただいた企業様、また、当日の報告会に参加いただきました企業様、大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

関連リンク