動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクトが「いぬねこ教室~動物とどう向き合うか~」を開催しました。

9/12/2018
学生の活動 興動館

広島県の動物殺処分数ゼロを目指す「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」が、9月7日(金)に江田島市立能美中学校で、9月11日(火)には江田島市立大柿中学校で「いぬねこ教室~動物とどう向き合うか~」を開催しました。
この教室は、飼い主にはペットが寿命を迎えるまで適切に飼育する「終生飼養」の責任があるということを伝えると同時に、動物愛護を通して「命の大切さ」について考えるきっかけにしてもらうことを目的に開催しました。
授業では、広島市動物管理センターでプロジェクトメンバーが行っているボランティア活動について説明したあと、「ペットの命とはなんだろうか」などについて、プロジェクトメンバーも参加してグループワークを行い、責任を持ってペットを飼うことの大切さを共有しました。 
今後も動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクトの活動にご期待ください。