インドネシア国際貢献プロジェクトがインドネシアに出発しました

9/3/2018
学生の活動 興動館

興動館プロジェクトの1つであるインドネシア国際貢献プロジェクトが、現地活動のためにインドネシアへ出発しました。
この度渡航するメンバー25名は、9月3日(月)から9月18日(火)までの間、インドネシアのジョグジャカルタに滞在します。
インドネシア国際貢献プロジェクトは、2013年からジョグジャカルタで比較的低所得者の多く住む地域の村において、伝統的な布である「テヌンルーリック」を使ったオリジナル商品を開発し、その商品を日本やインドネシアで販売することで得た利益を村に還元していくことで、生活水準を向上させることを目指しています。
今回の渡航では、支援先の村人と自立したビジネスサイクルの確立に向けたディスカッションや、新しい村で支援活動を始める上での調査を実施します。また、初めての試みとしてジャカルタに活動範囲を拡げ、現在取り扱っている商品の価格設定や、販売方法についての情報を得るために企業を訪問します。
その他にも本プロジェクトの活動内容を広報するために、現地の新聞(じゃかるた新聞)の取材や、ラジオ番組(radioQ)に出演を予定しているなど新たな試みにもチャレンジします。
今後も、インドネシア国際貢献プロジェクトの活躍にご期待ください。