平成30年度 入学式を挙行しました。

4/2/2018
行事

4月1日、暖かな日差しと満開の桜が映える本学石田記念体育館において、平成30年度入学式が挙行され、経済学部5学科の学部生計763名、編入学生2名、大学院生7名の計772名が、学生生活の一歩を踏み出しました。

学長式辞では、小谷幸生学長より、お祝いの言葉とともに、大学時代に心がけていだきたいことなどについて、期待を込めた激励の言葉が贈られました。

入学式後には、立て看板や横断幕、満開の桜を背景に記念撮影をする光景が見られました。

また、昼食の時間に中庭でサークルや興動館プロジェクトの勧誘があり、さっそく多くの在学生と新入生との交流が生まれていました。色々な場所から突然踊り始め集まっていく、ダンス部の「フラッシュモブ」パフォーマンスも盛り上がりを見せていました。

午後からは、新入生セミナーガイダンスや保護者対象教育懇談会、在学生による施設見学ツアー、上田宗箇流茶道部によるお茶席など、入学初日からイベントが目白押し。新入生や保護者の方々は、緊張と期待に胸を膨らませた面持ちで、各イベントに参加したり、明徳館をはじめとするキャンパス内を興味深く歩いて回ったりしていました。

新入生の皆さん、保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。
広島経済大学には多くの出会いと発見があります。学ぶことの楽しさを知るきっかけと、学びを豊かにする仕掛けがたくさんあります。獲得した知識をもとに「既成概念にとらわれない斬新な発想と旺盛なチャレンジ精神」で何事にも挑戦できるフィールドがあり、社会で活躍するために必要とされる豊かな「人間力」が身につく貴重な4年間となることを確信しています。

教職員一同、実りある大学生活を送っていただけるよう「愛情ある厳しさ」でしっかりとサポートしていきますので、4年間どうぞよろしくお願いします。