メディアビジネス学科の学生たちが、広島国際ユースサッカー大会の記録動画を制作しました。

2/5/2018
社会・地域 教育・研究 学生の活動

メディアビジネス学科の土屋ゼミナールの学生有志が、広島国際ユースサッカー大会の記録動画を制作しました。

この動画は、広島国際ユースサッカー大会の運営事務局より依頼を受け、企画から取材、撮影、編集まで、全てを学生たちが手がけたものです。
「夢をつなぐ」をテーマに、昨年の8月からブラジルとガーナのクラブチームやサンフレッチェ広島ユースの選手たちが参加した熱戦の模様を撮影し、監督や選手にインタビューを行いました。

リーダーとして本件のとりまとめをおこなったメディアビジネス学科2年の石崎 雄太郎さんは、「カメラワークやアングルなど、どうすれば良い絵になるのか考えて実践するいい機会になりました。また、みんなで協力することの大切さや、リーダーとしてまとめる大変さも経験でき、多くの気づきがあってとても勉強になりました。」と当時の苦労を振り返り、達成感を得ることができた喜びを語ってくれました。

取材内容はサブリーダーのメディアビジネス学科2年の金堀 高志さんが中心になって編集し、数分の動画にまとめました。
運営事務局に納品した動画は、現在Youtubeでの公開が始まっていますので、以下からご覧ください。

関連情報

プレスリリース

メディアビジネス学科