食育推進プロジェクトが和食料理教室を開催しました。

12/13/2017
学生の活動 興動館

12月9日(土)安芸区にあるガストピア安芸において広島魚市場株式会社、株式会社フレスタ、新庄みそ株式会社の協力の下に市内の大学生を対象として和食料理教室を開催しました。
この料理教室は、素材の味を引き出し、季節感を大切にしている和食をメニューにすることで、日本の伝統的な一汁三菜を基本に意識しながら食事をしてもらうことを目的に行いました。
当日は、近隣の大学生や専門学校生を含め18人が参加しました。広島魚市場株式会社の吉井様、三浦様には、講話と調理実演、調理指導を行って頂きました。
今回のメニューは、メンバー全員で考案した「アジの唐揚げ」「ジャガイモとシイタケのバター醤油炒め」「ホウレン草のおかか和え」です。
アジを上身、中骨、下身の三枚に下ろす作業は、参加者全員が一匹ずつ挑戦しました。普段魚をさばくことのない参加者は皆、悪戦苦闘の連続でしたが、できたてのアジの唐揚げには大満足で、中骨まで食してしまいました。
一汁三菜のメニューを考え、食材を調達し、作り、食べる、そして最後は後片付けとゴミ出しをするという、この一連の作業は手間のかかることですが、参加者が力を合わせることによって楽しい作業に変わることを実感できたと思います。
今後も食育推進プロジェクトの活動にご期待ください。