陸上競技部が第61回中国四国学生駅伝で優勝し、6連覇を達成しました。

12/5/2017
受賞・表彰 サークル

12月3日(日)、山口市で行われた第61回中国四国学生駅伝競走大会において、陸上競技部が6年連続17度目の優勝を果たしました。
オープン参加の10チームを含む28チームが出場。本学は1区から4位と出遅れましたが、5区堀尾選手、6区木邑選手の区間賞の猛追で、一時は1分23秒差があったトップに追いつき、そして逆転をし、見事優勝のゴールテープを切りました。
今大会の優勝により、来年10月出雲市で行われる出雲全日本大学選抜駅伝大会に推薦出場が決定しました。

結果は以下のとおりです。

広島経済大学 優勝 2時間44分19秒
1区 山本 啓輔(区間4位)経営学科4年
2区 大沼  優(区間2位)スポーツ経営学科4年
3区 大下 浩平(区間5位)大学院1年
4区 古谷 龍斗(区間2位)スポーツ経営学科3年
5区 堀尾 和弥(区間賞) 経済学科4年
6区 木邑  駿(区間賞) スポーツ経営学科2年

陸上競技部の今後のさらなる活躍を期待しています。