平成29年度学校安全ボランティア活動奨励賞を受賞した「子ども達を守ろうプロジェクト」の学生が受賞伝達式に参加しました。

11/21/2017
受賞・表彰 社会・地域 教育・研究 学生の活動 興動館

11月16日、三重県津市で開催された「全国学校保健・安全研究大会」の中で文部科学大臣表彰受賞伝達式が行われ、「学校安全ボランティア活動奨励賞」を受賞した「子ども達を守ろうプロジェクト」の学生2名とコーディネーターの職員1名が参加しました。

本プロジェクトは、2006年から大学近隣の祇園小学校でガードボランティアや下校安全サポート、ふれあいイベントを中心とした防犯活動を12年間にわたり継続的に実施しており、その活動が評価されての受賞となりました。

授賞式に参加した「子ども達を守ろうプロジェクト」リーダーの妹山也人さん(経済学科3年・広島県/可部高校出身・写真中央)は、
「今回の表彰をいただけたのは、私たちもプロジェクトの先輩たちも『子どもが安心して暮らせるまちづくり』の意識をしっかり持ち、活動を続けてきた結果だと思います。
今後もこのことを意識して活動する事を忘れず、表彰に恥じないプロジェクト活動をしていきます。」
と、改めて喜びの言葉とともに新たな決意を語ってくれました。

今後も「子ども達を守ろうプロジェクト」をはじめとする、興動館プロジェクトの学生たちの活躍にご期待ください。


文部科学大臣表彰受賞の詳細はこちらの記事もご覧ください。
子ども達を守ろうプロジェクトが文部科学大臣表彰「学校安全ボランティア活動奨励賞」を受賞しました。

興動館プロジェクトについて