宗教改革五百年記念展「ルター聖書と活版印刷」を開催しました。

11/15/2017
ピックアップ 図書館

10月28日(土)~11月12日(日)の期間、ひろしま美術館 地下1階 講堂において、広島経済大学主催の宗教改革五百年記念展「ルター聖書と活版印刷」を開催しました。
この展示は、宗教改革500年を記念して、本学が所蔵する稀覯書コレクション「知の系譜文庫」※1の中から、ルター訳『ドイツ語新約聖書』(9月聖書)をはじめとする宗教関係書と、同時代に刊行された名著を合わせて特別公開したもので、総勢1,294名(1日平均86.3人)の来場者の方にご鑑賞いただきました。

滅多に見る機会のない世界的にも希少な歴史的名著を前に、来場者からは感嘆の声があがっていました。
新しい世界を切り拓いた時代の息吹を感じていただけたのではないかと思います。

※1 「知の系譜」文庫は、15世紀に発明された活版印刷術によって、人類の発展に寄与した名著のコレクションです。本学では、印刷技術によって西洋文明の発展を導き、人類の進歩に貢献した名著と呼ばれる書物を収集し、「知の系譜」文庫と名付けました。
本学にはこの他にも、アダム・スミスの「諸国民の富」やルソーの「社会契約論」をはじめ、コペルニクスの「天体の回転について」やガリレイ、ニュートンの初版本など、教科書にも登場する有名な名著を約480点所蔵しています。

「知の系譜文庫」の詳細はこちら

所蔵している稀覯書の目録をご覧いただくことができます。

記念講演会 辻 学(広島大学大学院 教授)
ギャラリートーク 宮原 詩麻(広島経済大学 図書館)

展示会の詳細はこちら