子ども達を守ろうプロジェクトが文部科学大臣表彰「学校安全ボランティア活動奨励賞」を受賞しました。

10/10/2017
受賞・表彰 社会・地域 学生の活動 興動館

本学興動館プロジェクトの一つである「子ども達を守ろうプロジェクト」が、平成29年度文部科学大臣表彰「学校安全ボランティア活動奨励賞」を受賞しました。
「学校安全ボランティア活動奨励賞」とは、子どもの安心・安全な学校教育活動に貢献する優れた活動を行っている団体に贈られるもので、今年度は全国の32団体が受賞しています。

子ども達を守ろうプロジェクトは、平成18年4月1日の発足以来、広島市立祇園小学校において、年間約200日のガードボランティア活動を12年間継続して行ってきました。
そのほかにも、未就学児対象の防犯イベントの開催や、平成25年度からは下校時見守り活動も行っており、また、平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害を受けて、被害のあった広島市立八木小学校の児童を対象としたイベントを開催するなど、活動の幅を広げています。その功績が認められ、平成26年度には「広島市安全なまちづくり功労表彰」を受賞しています。

下校時見守り活動の様子

今回の文部科学大臣表彰は、これらの活動が評価され、広島市教育委員会の推薦を受けてのものになります。授賞式は11月16日に三重県津市で開催される「全国学校保健・安全研究大会」の中で行われます。

今後も地域とともに歩む「子ども達を守ろうプロジェクト」の活動にご期待ください。