全国大会に出場する陸上競技部・男子ハンドボール部の壮行会を挙行しました

10/5/2017
学生の活動 サークル

10月4日、本学図書館前において、第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走、第49回全日本大学駅伝対校選手権大会に出場する陸上競技部と、高松宮記念杯男子第60回平成29年度全日本学生ハンドボール選手権大会に出場する男子ハンドボール部の壮行会を挙行しました。
まず、小谷学長より陸上競技部と男子ハンドボール部へ激励の言葉が贈られたのち、枝折体育局長より同様に激励の言葉及び、石田理事長や大学関係者をはじめ、在学生の皆さんから熱いメッセージを書き込んだ寄せ書きを授与されました。

小谷学長より激励の言葉
枝折体育局長より激励の言葉

これを受けて、陸上競技部を代表し主将の宮本健太郎さん(スポーツ経営学科3年)は「出雲駅伝では8位入賞、全日本大学駅伝では中四国ブロックの枠を1つ増やすという目標を達成するために精一杯頑張っていきたい。」、続いて男子ハンドボール部を代表し主将の下垣内力也さん(経営学科4年)は、「12年ぶりの全国大会出場ということで貴重な経験ができることに感謝し、結果として皆様に恩返しできるよう全力で戦ってきます。」と、それぞれ意気込みを語ってくれました。

陸上競技部 主将 宮本健太郎さんのあいさつ
男子ハンドボール部 主将 下垣内力也さんのあいさつ

最後に、応援団より気持ちのこもったエールが贈られました。
全国大会での陸上競技部、男子ハンドボールの活躍を期待しています。

応援団リーダー部からのエール
応援団吹奏楽部からのエール