子ども達を守ろうプロジェクトが夏休みの宿題をお手伝いするイベント「Stanza Chiara~スタンザ キアーラ」を開催しました。

8/11/2017
学生の活動 興動館

8月7日(月)・8日(火)の2日間、興動館において広島市立祇園小学校の児童を対象に、8月10日(木)は広島市立八木小学校の児童を対象にして、子ども達を守ろうプロジェクトが夏休みの宿題をお手伝いするイベント「Stanza Chiara~スタンザ キアーラ」を開催しました。
この「Stanza Chiara~スタンザ キアーラ」とは、「明るい大部屋」という意味で、子ども達が家に一人でいる時間を減らし、犯罪に遭う可能性を減らすことを目的の一つとしています。また、宿題を教えることや工作課題を通じて、大学生の顔を覚えてもらい気軽に声をかけ合えるような関係をつくることもねらいとしており、最終的にはプロジェクトの目的である安心、安全な地域社会をつくる一助になるものです。
イベントでは参加児童がそれぞれ持ってきた夏休みの宿題のお手伝いや、あらかじめプロジェクトメンバーが用意した「スライム」「ステンドグラス」「ビー玉転がし」などの工作を実施しました。いずれの日も子ども達の笑顔が溢れるイベントとなりました。
今後も子ども達を守ろうプロジェクトの活動にご期待ください。