第9回ビブリオバトル in 広島経済大学を開催しました

10/24/2016
学生の活動 図書館

学生5名がおすすめの本を紹介!

10月21日に第9回ビブリオバトル in 広島経済大学を開催し、学外の方を含む45名が参加しました。

エントリーした学生5名が、おすすめの本を5分の持ち時間で紹介。
好きな本をみんなに読んでほしい、泣けるほど感動した一番好きな本を紹介したいなど、それぞれの思いが伝わってきました。

参加した学生は、「普段本を読まないが、少しずつ読んでみようと思った」「発表者の個性が出ていておもしろかった」と言っていました。

投票の結果、第9回チャンプ本に選ばれたのは、メディアビジネス学科4年生の岡野耕兵さんが紹介した『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた』(原田まりる著)です。

岡野さんは、全国大学ビブリオバトル2016~京都決戦~の出場をかけて11月3日に広島県情報プラザで開催される中国Cブロック地区決戦に出場します。

<中国Cブロック地区決戦>
日時:平成28年11月3日(木)文化の日 午後2時~午後4時15分
会場:広島県情報プラザ1階ロビー
※申込不要。どなたでも観戦できます。

紹介された本は、図書館3階中央ホールで展示されています。
ぜひ読んでみてくださいね。

<紹介された本>
『ニンジャスレイヤー』 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ著 KADOKAWA 2012
『前田の美学』 迫勝則著 宝島社 2007
『命売ります』 三島由紀夫著 筑摩書房 1998
『君の膵臓をたべたい』 住野よる著 双葉社 2015
『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた』 原田まりる著 ダイヤモンド社 2016

第9回ビブリオバトル①
第9回ビブリオバトル②
第9回ビブリオバトル③