メディアビジネス学科の学生たちによる学生制作「ドキュメンタリー作品上映会」のご案内

12/2/2019
イベント告知

12月5日(木)、広島経済大学明徳館7階プレゼンテーションコートにおいて、メディアビジネス学科の学生たちが制作した「ドキュメンタリー作品」2作品を上映する「ドキュメンタリー作品上映会」を開催します。
この上映会は、メディアビジネス学科の学生たちが主催し、在学生や教職員だけでなく、地域一般の方々も対象にした上映会になります。入場料は無料です。

ぜひご来場いただき、学生たちが様々な思いや試行錯誤を経て完成させた2作品をご覧いただけたらと思います。

当日上映する2作品は以下のとおり。
一つ目は、ヒロシマの継承者になろうと葛藤を続ける二人の被爆三世を追う「継ぐ 被爆三世たちのヒロシマ」です。
「被爆者なき時代」の到来に抗い、体験してはいない記憶、証言者の声を後世にどうすれば届けられるのかを模索する被爆三世をとりあげました。

もう一つは、被爆当時の記憶がほとんどないにもかかわらず証言活動を懸命に行う被爆者二人を取りあげた「教えてくれん?忘れたくないあの人のこと」。
年老いていく中で、活動のきっかけとなった「忘れたくないあの人」への想いを、あと何年自分の言葉で話せるか、焦る被爆者たちに広島で生まれ育った学生が問いかけます。

詳細情報

日 時:12月5日(木)15:00開場 15:30上映開始
場 所:明徳館7階 プレゼンテーションコート
入場料:無料
※ 駐車場のご用意もありますが、なるべく公共交通機関と本学スクールバスをご利用ください。


なお、両作品とも、「東京ビデオフェスティバル」映像祭2020に応募しています。