『3.11を振り返る~語り継ぐ小さな命~』講演会 開催のお知らせ

2/1/2018
お知らせ 興動館

広島経済大学(学長 小谷 幸生)の東北支援プロジェクトは、「3.11を振り返る~語り継ぐ小さな命~」と題した講演会を開催します。
本プロジェクトは、東日本大震災の悲惨な現状を風化させないために、これまで広島で現地の様子を伝える活動を続けてきました。今回は佐藤 敏郎氏をお招きし、命がいかに脆く、小さなものなのか、今ある生活は多くの悲しみや無念さの上に成り立っているのかをお話ししていただきます。本講演には、ボランティアなどの経験がなくても、高校生以上の方であればどなたでも聞いていただき、少しでも「命」の大切さについて見つめなおしてもらう機会にしてもらいたいと考えています。
震災発生当時、宮城県女川町立女川第一中学校(現 女川中学校)に教諭として勤務していた佐藤氏は、同時に宮城県石巻市立大川小学校に通う女子児童の父でもありました。津波の被害により、この小学校でも多くの児童と教員の命が一瞬のうちに失われ、佐藤氏の娘さんも犠牲になりました。教諭として、また父親として、どちらの立場でもあった佐藤氏だからこそ、その伝える「命」の重みを、一人でも多くの方に感じ取ってもらいたいと思います。